« 復活のアルパレフレックス | トップページ | 復活の大判デジカメ »

2020.09.20

Contax用Biogon35F2.8(戦前型)

長年欲しいとは思っていたが、なんだかんだで後回しになっていた
レンズをようやく入手した。
Con1_20200920
Biogon35F2.8(戦前型)
II型に装着したところ
手に取ると凄く重い。
ボディ(II型):623g
Sonnar50F2 :169g
Biogon35F2.8 :233g
ファイダー(キヤノン社):34g
ファインダー込みの重量は標準レンズ時より98g重い。
実際にはそれ以上に重く感じる。
 
Con2_20200920
戦前型Biogon35F2.8はレンズ後端部が長い
知ってはいたが実際に見ると本当に長い。
レンズキャップも長いタイプでないと使用出来ない。
 
Con3_20200920
レンズ後玉はシャッター幕とほぼスレスレの位置
レンズ後玉がどのくらいシャッター幕に近いのか?を確認する。
え?ここまで近いのか!と驚く。
ライカの場合だとSuperAngulon21F4並みである。
 
Con4_20200920
Biogon35F2.8 F=1:5,6
 
Con5_20200920
Biogon35F2.8 絞り解放
 
昔のレンズなのでコントラストは高くないが、カッチリクッキリと
写る良いレンズである。
 
注意!
ここに記載されていることは「私の個人的経験」です。

|

« 復活のアルパレフレックス | トップページ | 復活の大判デジカメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 復活のアルパレフレックス | トップページ | 復活の大判デジカメ »