« ZOOMAR36-82F2.8 | トップページ | 塗装ブース改造(1) »

2020.12.11

銀塩フィルム保管問題発生!

それはあるきっかけから始まった。
紅葉&撮り鉄も一段落したので模型工作!と思うものの、
どうも気分が乗らない。
これは「実物鉄成分の不足に違いない!」ということで、
過去画像を整理して撮り鉄画像を見ようということになった。
Fri5_20201211
古いバックアップHDD昇天!
バックアップHDDは2種あり、古い方のHDDの画像を
見ながら整理作業を行っていた・・・あれ?異音が・・・
そしてまったくの無反応!
おいおい、まさかのバックアップHDD昇天かい!
古い方なので損害は「友人からもらったエッチ画像」くらい
なのだが、本命のHDDもそんなに新しいものではない!
これはいかん!ということで、新品HDDを2台購入して
20年分の画像をバックアップ&整理するのに2日かかった。
 
Fri1_20201211
どうせなら銀塩も整理しよう!
デジタル画像20年分をチェックすると、次は銀塩が気になる。
実は銀塩について鉄道系のものを集めてあったのだが、スキャン
作業をサボっていた。
この機会にスキャンしよう!とアルバムとネガ&ポジの
整合性チェックを3日かかって実施(グッタリ)
さあ!いよいよスキャン作業開始!
 
Fri2_20201211
衝撃のスキャン結果!
上画像は1980.12?に四国にDF50を見に行ったときの
画像である(元スキャンは真っ黒なので少しだけ加工)
な、なんですかこれは!(衝撃)
銀塩フィルムの劣化の話は聞いてはいたが、少し褪色
するくらいだろう?と思っていたがぜんぜん違った。
おいおい、これではいずれ「ただの黒いもの」になって
しまうではないか!
 
Fri3_20201211
1993.1月の野電のネガ
上記画像より13年新しい野電の画像。
おいおい、すっかり褪色しているではないか!
 
Fri4_20201211
1979.8に撮影した野電を2002年にスキャンしたもの
野電といえば、高校時代に撮影したものを2002年に
HP更新のためにクールスキャンで取り込みしたものが
残っていた。
20年経過していても、この画質!
当時のスキャナ&パソコンは処理が遅く、全ての撮影結果を
スキャンするのはムリで使うものだけを処理していた。
ああ、18年の歳月は残酷!
嘆きながらも「ここで挫けて作業を止めると損害が拡大する」と
スキャン作業を進め、ツィッターでつぶやいていると、ある人が
最近のスキャナは褪色補正が充実しているので試してみては?
とのアドバイスを頂いた。
さっそく試してみると・・・
 
Fri6_20201211
褪色補正+逆光補正で復活!
現在使用しているスキャナはCanoScan9000F MkIIで
ある。
褪色補正と逆光補正を強にしてスキャンすると、画像が
見事に復活!
これはいいぞ!
 
Fri7_20201211
よみがえるDF50!
Fri8_20201211
なぜかDE10が前補機?している列車
う~む素晴らしい、四国旅行の思い出がよみがえる!
 
では、野電の画像はどうか?
 
Fri10_20201211
日方駅にて
 
Fri9_20201211
竜光寺前にて(後追い)
褪色処理はどうやら効果があるものとそれほどではない
ときがあるようで、日方駅の画像はPhotoShopで後処理を
する必要があった。
それでも「もうダメか」と愕然とする必要は無くなった。

フィルム整理&スキャンをしていると、旧国やブルトレを
撮影したものが出て来ない。
以前の調査で判ったのだが、使用したカメラが父と共用だった
ときにものはそちらに紛れ込んでいて発見出来なかった。
これはいけない!
懸命に捜索活動・・・
 
Fri11_20201211
ああ、思い出の飯田線が・・・
父の遺品の中にアルバムとネガが入った箱がある。
ホコリだらけの箱を発掘すると、なぜか空き箱&古いタオル(怒)
が多数の中、ようやく目的のものを発見!
1979年8月に鉄研の先輩と飯田線撮影に行ったときにフィルムを
発見した!
結果は・・・「ああ、遅かった」
40年押入の奥に埋没した結果、フィルムが大きく劣化!
褪色補正:強で再トライする。
Fri12_20201211
フィルム自体の破損は救えない!
かなり画質は改善するもののフィルム自体がここまで痛んで
いるとどうにもならない。
 
これは「他の未発見フィルムも状態は期待出来ない」ことが
発覚した(号泣)
こうなったらプリントをスキャンするしかない!
 
Fri13_20201211
Fri14_20201211
Fri15_20201211
南部支線の17m国電廃車回送
17m級国電の廃車回送(のちに奇蹟の復活をした)を連写した
プリント・・・おいおい、なんでモノクロ?
この時期(1980年代前半)はカラー主体だったのに、このとき
だけモノクロ撮影。
しかも露出不足、手ブレ、トドメはプリント破れているし(涙)
撮影は平日だったのだが、休日でなかったからか?撮り鉄は
誰もいなかった(1980年代前半)
そんなほのぼのとした時代だった。
 
Fri16_20201211
なぜこのタイミング?
157系のお召列車を根府川鉄橋で撮影したもの。
え?なんでこのタイミング?(怒)
 
Fri18_20201211
身延線のクモハユニ44
先輩のクルマで身延線を撮影に行ったときにもの。
もっと大量に撮影したのにプリントは3枚しか発見出来ず(無念)
 
ああ、次々と暴かれる過去の自分の失敗・・・(遠い目)
 
Fri17_20201211
伊那松島で撮影したED18(1996年1月)
 
Fri19_20201211
ハッセル500CMで撮影したモノレール(1995年?)
 
Fri20_20201211
フジ ティアラで撮影の銚子電鉄の「みおつくし号」(1995年?)
ポジでの撮影結果は保存状態が良い
ネガは褪色がかなり進んでいたが、ポジはそれよりは状態が良い
ことが多い。
 
Fri21_20201211
Fri22_20201211
取り壊し前の同潤会アパートのポジ
'90年代はポジでの撮影が増加しているが、それは現代の人には
謎の集会「スライドオフ」の対応のためである。
鉄道以外にも事務所近所の同潤会アパートを昼休みに撮影して
24h対応の堀内カラー(ああ懐かしい)に出して、帰宅時に
上がりを受け取っていた。
モデル撮影や撮り鉄もプロラボを使って即現像/スライドオフが
行われていた(遠い目)
結果的としてこの年代は状態の良い画像が残ったことは嬉しい。
 
もう少しスキャン作業を続けて、来週後半からは模型工作を
しようと思う。
 
注意!

ここに記載されていることは「私の個人的経験」であり、
各レンズの描写コメントは「個人の感想」です。

|

« ZOOMAR36-82F2.8 | トップページ | 塗装ブース改造(1) »

コメント

こんばんは。
DF50や飯田線、157系お召し列車、旧型国電などなど、懐かしくて涙が出てきます。
嗚呼!青春時代。

我が家のカラーネガも、かなり退色と荒れが進んでしまいました。(^^;

投稿: 庶茂内みのる | 2020.12.12 20:02

みのるさん、こんにちは
今回の作業でネガもポジも褪色が大きく進んでいて「もっと前にスキャンしておけばよかった」と反省しています。
それにしても学生時代に撮影した旧国と客車のネガが出て来ないのがなぁ(涙)

投稿: ム | 2020.12.13 08:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ZOOMAR36-82F2.8 | トップページ | 塗装ブース改造(1) »