« 地鉄用客車の工作(1) | トップページ | エンドウの上田交通5250(2) »

2021.01.31

エンドウの上田交通5250(1)

地鉄用古典客車を組みながら地鉄の電車はどれから?と
考えていた。
先に在庫チェックしたものの中で「実際に乗ったことがある」
ものから手を付けようということになった。
ということで、エンドウの上田交通5250を完成させる。
 
Endo1_20210131
t0.4の紙を敷いてドア下に手摺兼竪樋の取付線を付ける
 
Endo2_20210131
それっぽく曲げた0.4φを仮止めする
 
Endo3_20210131
裏側から手摺の支持部を出してハンダ付け
エンドウの5250の手が止まったのは、この車両の特徴?
になっている手摺兼竪樋をどうするか?であった。
このキットを入手したときにはディテールアップパーツは
見つけられなかったので自分でなんとかするしかない。
私の悪いクセで「面倒で手が止まると違うものをやる」ので
そのまま10年以上放置することになってしまった。
しばし考えて以下の手順で工作。
(1)t0.4の紙を敷く
(2)手摺兼竪樋下側支持部を0.4φ線材を付ける
(3)上の穴は塞ぐ
(4)それっぽく曲げた手摺兼竪樋を雨樋に仮止めする
(5)下側支持部にハンダ付け
(6)車内内側から先を微妙に曲げた線を出して手摺支持部
 にチョンっとハンダ付けする
(7)上下の余った部分をカットしてキサゲして仕上げる
この作業を6ケ所のドアで繰り返していく。
真ん中のドアはご丁寧にも両側この形なのでイラっとする。
 
Endo4_20210131
疲労する手摺兼竪樋の次はディテールパーツ
難関?を終わったので楽しくロストパーツをハンダ付けする。
ヘッドライト(光導式)は塗装が面倒(脚と一体)なので
脚が別のエコーのライト(ホワイトメタル)に変更する。
 
Endo5_20210131
前面の配管?を済ませる
屋根上に上がる配管を行う。
右は0.6φ、左は0.4φ、妻の支持部はキットのもので、屋根上
の支持部はフェニックスのパーツ(ビスタカーのとき購入)
を使用した。
 
Endo6_20210131
1両目のハンダ付け工作完了
一応ハンダ付工作を完了。
ボディ下側のトラスロッドは全ての工作を済ませてから付ける。
(細いパーツなので工作時に破損する可能性がある)
 
Endo7_20210131
この勢いでもう1両組む
エンドウの上田交通5250のキットはもう1両発掘した。
勢いのあるうちに組む。
元が組みやすいことと年の功?で3日で完成。
こちらの方が車体(屋根)をピッタリ合わせる技術が向上して
ハンダもヤスリ入れも極小で済んだ。
発掘された貴重なダルマヤ25mm動力を使うため床板を新規
作成しても全部で3日で完成。
こういうときに思うのだが、これで老眼がなければもっと大量の
車両を作れる技術があるんだよなぁ(遠い目)
 
Endo8_20210131
あとはパンタの取付方法
天賞堂のPS16(プラ103系用)を使うことにしたのだが
(というかこれしか手持ちがない)キットのパンタ台の穴位置
とは全然違う。
さてはて、どうしたものか?
 
ところで「実際に乗ったことがある」上田交通5250型なのだが
昨年末の調査結果として「そのとき撮影した写真は数枚」という
情けなさ。
おかげで、屋根上に上がる配管がどうなっているか??で
21世紀になってから困ることになった。
まったく、当時の自分に「ちゃんと撮影しろ!」と説教したい
気分である(遠い目)
 
注意!
ここに記載されていることは「私の個人的経験」です。
参考にされてもいいですが、正解である保証はありません。
進捗状況によっては、内容を変更する場合もあります。

|

« 地鉄用客車の工作(1) | トップページ | エンドウの上田交通5250(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地鉄用客車の工作(1) | トップページ | エンドウの上田交通5250(2) »