« Rectaflexで銀塩撮影 | トップページ | 電化軽便レイアウト2 »

2021.04.22

トラバーサ+リバース線を試す


トラバーサが出来たので「これを使ってどう遊ぶか?」
と考えてみる。
「そうだ!アレをやってみよう!」
 
Traversar1_20210422
右分岐のポイント(下)を作成
まずは右分岐のポイントを作る。
やってみて気が付いたのだが、しくみは左分岐となにも
違わないのに「左右逆」になるとハンダこての当て方や
治具の使い方が違うので戸惑うことになった。
こんな簡単?なことでもやってみないと気が付かないものだと
思った。
 
Traversar2_20210422
レールを設置してリバース線にする
R140のレールを作成し、台枠は以前シノハラのフレキを使って
作成したテストレイアウトを改造してリバース線を作成した。
 
Traversar3_20210422
リバース線+トラバーサの組合せ
いい加減に台枠を作るので接続にちょっと手間取った。
リバース線+トラバーサの組合せで車両を交換しては
車両を戻してまた入れ替えて・・・と遊んでみる。
やってみて判ったことは「車両の戻りが早すぎ!」
まあ、この小さなリバース線ではそうだよなぁ(遠い目)
小さくてもデルタ線を入れてグルグル回せばいいということか?
他にトラバーサ台車が何度か操作するとときどき脱輪して
斜行したり、レールクリーニングするとズレてトラバーサ台車が
スタックする・・・というマイナートラブルが発生することが
判った。
 
Traversar4_20210422
20年以上の年月を経てちゃんと試した
これをやりながら思い出したのだが「そういえば県道線を
作ったときに試そうとしたことがあったな」を思い出した。
模型日誌を確認すると写真が残っていたのだが、ほぼ同じ
プランであった(笑)
1996年時点では「大きさの割に面白みがない」と運転も
しないで止めてしまったが、長い年月を経てようやくテスト
実施することになった(遠い目)
 
注意!
ここに記載されていることは「私の個人的経験」です。
参考にされてもいいですが、正解である保証はありません。
進捗状況によっては、内容を変更する場合もあります。
参考文献
レイアウト全書 (株)機芸出版社 発行
RAILFAN 12月臨時号 車両研究5 鉄道友の会 発行
RAILFAN 12月臨時号 車両研究6 鉄道友の会 発行

|

« Rectaflexで銀塩撮影 | トップページ | 電化軽便レイアウト2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Rectaflexで銀塩撮影 | トップページ | 電化軽便レイアウト2 »