« トラバーサ+リバース線を試す | トップページ | レイアウト制作における「コレジャナイ感」 »

2021.05.17

電化軽便レイアウト2


路面電車の複線レイアウト、トラバーサ、リバース線と来て・・・
さて、ストラクチャを!と思って来た付いたことがある。
 
Denka1_20210517
私の悪い癖「コレジャナイ感」
電化軽便レイアウト(花巻風改め)はストラクチャをある程度
作ったところで手が止まっている。
理由はいくつかあるのだが、一番気になっているのは
「風景の中の位置関係」である。
上画像を見ると小高い山=>緩く棚田=>農家と少しずつ
低くなっていくのだが「家が水田より低いの変じゃね?」
それをカバーするために背景に低い山を足すことでバランスを
取るのだが、これでいいのか?=>自分
 
Denka2_20210517
「黒子の思想」を試したものの
私くらいの世代にとってTMSの1973年の影響は大きい。
あの「ダックスストーリー」である。
その中で「町線の”黒子の思想”」をいつかやってみよう!
と思っていた。
結果的には40年以上経って草軽風レイアウトを作るときに
「沢を超える築堤」を小さな台枠サイズで表現するために
中央を空洞(カッティング)にして、向こうの斜面を
「遠くの山肌」に見せようとする魂胆である。
この試みの結果
(1)目線を車両(築堤上)と平行にするとまあまあ見える
(2)ちょっと斜め上から見ると「巨大池」
という風になってしまった(ち~ん)
それで1つ思ったことがある「どうせなら真ん中は池か
田んぼにでもすれば良かった」(ご~ん)
 
さて、どうするか?
Denka3_20210517
長年テスト用だった台枠を改造
路面電車のレイアウトについては、少し考えてから続きを
やろうということで、まずはこの「コレジャナイ感」を
解消することにした。
先の草軽風レイアウトを改造(台枠延長、真ん中を田んぼ)
するか?とも思ったのだが「寺町線の反省」の教訓から
新しく作成することにした。
新規に台枠を作るのは疲れるので2013.5.1にテスト用と
して作成(900x510)してから、テスト用としては使っても
レイアウトになれなかったものを760x450に改造して
電化軽便レイアウト2とすることにした。
今回の試行錯誤は「台枠右下2/3を30mm下げてある
部分」を使う。
 
Denka4_20210517
高低差をスチレンボードで表現
このレイアウトは先に作成した電化軽便レイアウトの
コレジャナイ感解消なので「建物と田んぼの位置関係」の
見直しである。
30mm下げてある部分をスチレンボードで等高線モデルの
ように積んでいきながらそれっぽくしていく。
脱着可能なスチレンボード上に積んでいく方法にしたのは
「気に入るまで色々な試行錯誤をする」とともに「ダメだった
ら違うものに差し替える」ためである。
当初はもっと田んぼ1反を小さくして棚田にしようと思った
のだが、スチレンボードをカットして置いてみると
30mm程度の高低差では不自然になることが判った。
結局「なだらかに下がっていく田んぼ」にした。
 
Denka5_20210517
田んぼに稲?を入れて調子を確認
稲の表現は今回も人工芝になった。
田んぼの形にカットして築堤に車両を置いて確認する。
 
Denka6_20210517
地面の表現はいつもの通り
田んぼの配置とおおよその地形は決まったのでいつものように
ペーパータオルを貼って灰、砂、土などを撒きつつ実感処理を
行っていく。
作業をしていると「地面が外せると傾けたり立ってたりして
作業が可能」でやりやすいことが判った。
 
Denka7_20210517
新工法「石垣シート」
ツィッターで見かけた「石をシート状にする」方法を見て
これはいい!と試すことにした。
大きさや質感(ザラっとした角のある石)は何がいいか?
探した結果、金魚濾過槽に使う麦飯石を使用した。
 
Denka8_20210517
シートはちぎるようにカットして使う
等高線である程度勾配が出来ているところに嵌め込むように
石垣シートを入れていく。
木工ボンドで緩く繋いだシートなのでちぎりながら使用可能で
押し付けると地形にしっかりなじむ。
 
Denka13_20210517
ターフ(3種類)で実感処理
地面(基本色)と石垣の取付を済ませたところで「地面の記憶」
を付けていく。
ターフ(3種)を使って畦と石垣を実感的にしていく。
この次にコースターフ(2種)で畦を仕上げる。
 
Denka10_20210517
出来栄え確認(1)
 
Denka9_20210517
出来栄え確認(2)
田園風景はどうか?とトラクターとクルマを置いて感じを見る。
ここからさらに足すものはあるにしても、まあまあか?
 
Denka11_20210517
建物、車両の位置関係はこんな感じ
一番の問題は「撮り鉄」したときの感じである。
建物はこのような配置にして、農家からなだらかに下ってくる
景色は一応クリアか?
 
Denka12_20210517
反対側の建物配置(街の風景)
建物は違うものを作成するのだが、おおよそこんな感じか?
 
さて、そろそろ線路と架線柱を設置するか?
 
注意!
ここに記載されていることは「私の個人的経験」です。
参考にされてもいいですが、正解である保証はありません。
進捗状況によっては、内容を変更する場合もあります。
参考文献
鉄道模型趣味 No.302
レイアウト全書 (株)機芸出版社 発行
RAILFAN 12月臨時号 車両研究5 鉄道友の会 発行
RAILFAN 12月臨時号 車両研究6 鉄道友の会 発行

|

« トラバーサ+リバース線を試す | トップページ | レイアウト制作における「コレジャナイ感」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トラバーサ+リバース線を試す | トップページ | レイアウト制作における「コレジャナイ感」 »