« 出番の少ない?クラカメで撮影(1) | トップページ | 草軽風レイアウトの改修(2) »

2021.07.28

草軽風レイアウトの改修(1)

猛暑の日が続く。
簡易軌道風レイアウト工作が一段落したので、次は
草軽風レイアウトの改修を開始する。
 
Kusa1_20210727
500x350の小型レイアウトの改造
このレイアウトは「黒子の思想」を試すために作成した
ものである。
一応、分岐はあるが使うでもなく、実質「グルグル回るだけ」
であることが不満であった。
不満(コレジャナイ感)があるとどうしても稼働率が落ちる。
こういうときに思うのである。
「使えるレイアウトの最小限の要素とは何か?」
それは大きさ(路線長)なのか?運転形態の複雑化なのか?
複数列車が同時走行/交換して走行なのか?
 
Kusa2_20210727
拡張部の大きさを検討
レイアウトの必要要素?を考えた結果「せめて列車交換」に
改造ポイントを置くことにした。
というのが「あまり大きくすると保管や補修が難しくなる」
からである。
小型・軽量にしておくとひっくり返したりして改修出来るし
その気があれば持ち出して使うことも出来る。
元が小型のこのレイアウトなので、拡張範囲は少しでも小さく
したい。
R140のレールと追加ポイントを置いて地味に検討する。
 
Kusa3_20210727
台枠拡張部と追加
 
Kusa4_20210727
裏っ側から見たところ
 
Kusa5_20210727
張出構造は脱着可能
結局、台枠短辺側は50mm、長辺(ポイント追加)は
40mm追加することにした。
追加部は張出式にして「今後の進展で気に入らなければ
作り替えるため外せる」よう構造になっている。
短辺側は50mm幅角材なので取付は簡単だったのだが、
ポイント追加側は台枠構造が複雑で、脱着式にするために
凝った改造をする必要があった。
ゴム道床と線路を設置して、草軽デキと花巻デハで走行
テストを行い、無事走行することを確認した。
 
通常のレイアウトはここから地面とストラクチャーなので
あるが「架線集電レイアウト」はまだ先がある。
そう「架線システム」である。
 
Kusa6_20210727
架線システムテスト用台枠作成
架線対応は「自分で試行錯誤するしかない」世界である。
今回は架線固定と台座部分の改善を行う。
新しいことをするということは「色々とテスト」が必要と
なる。
そのためのテスト台枠を作成するところから始める。
 
Kusa9_20210727
架線柱台座の改善
最近使い始めたハトメを台座に使う方式では以下の内容を
改善した。
(1)ゴム差込式での固定を硬くすること
(2)作業工数削減(ハンダ付け省略)
色々と試した結果、ハトメに2/3まで切れ目を入れて圧入すると
内径が0.5mm減って(タイトになる)ハンダ付けが不要になる
ことが判った。
 
Kusa7_20210727
クロススパン架線柱、ハトメ資材変更
クロススパン架線柱は中間部に1.4φネジを入れることで
スパン線を脱着することが可能になる方式である。
作りながら考えるのが「ハンガータイプとクロススパンは
どちらがトータルコストが安いか?(作成~維持)」
である。
(1)ハンガータイプは素材の種類が多い。
 =>洋白丸線、角線など
(2)クロススパン式は「なんでも2セット」
 =>柱、台座など
(3)工数
・ハンガータイプは各種洋白線を使い、穴あけ加工が多い
・クロススパンは1.4φネジ固定が手間(タップ切り)
 =>それを2回行う必要がある
(4)保守
 どちらも丈夫なので本体が壊れることはほぼゼロだが
 架線固定のためのジョイント部のハンダが外れることが
 あったり、台座位置が微妙で調整が必要になることが
 ある。
 ・ハンガータイプは本体を外して補修
 ・クロススパンタイプはスパンを外すだけ
そんなことを考えていたら、黒染のハトメが売っている
のを発見!
おお!これで塗装工程が減った!
ああ、なんという地味な喜び。
 
Kusa8_20210727
作成したものをトビカで塗装
地味なことを考えながら作成したパーツを塗装する。
基本はこれの繰り返しである。
細密化とはまったく程遠い「実用一点張り」の工作に
我ながら笑ってしまう。
 
注意!
ここに記載されていることは「私の個人的経験」です。
参考にされてもいいですが、正解である保証はありません。
進捗状況によっては、内容を変更する場合もあります。
参考文献
鉄道模型趣味 No.302
レイアウト全書 (株)機芸出版社 発行
RAILFAN 12月臨時号 車両研究5 鉄道友の会 発行
RAILFAN 12月臨時号 車両研究6 鉄道友の会 発行

|

« 出番の少ない?クラカメで撮影(1) | トップページ | 草軽風レイアウトの改修(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 出番の少ない?クラカメで撮影(1) | トップページ | 草軽風レイアウトの改修(2) »