« PROMINENTを使う(2) | トップページ | ペトリV6を使う »

2022.02.27

ロンビック単台車の動力化(2)

歯茎痛で2日ほど寝られない不幸・・・(ち~ん)
そんな災難を挟んで模型工作は続く。
実はカツミN電の残り2両をロンビック単台車に交換
することを決めたのだが・・・
前回が6年近く前に作ったのでやり方が判らん!(あほ)
結局「ほぼ新規」で作り方を考えていく。
 
Ron1_20220227
アルモデルの単台車を加工
まずはアルモデルの単台車をメタル入りに加工する。
Oナロー用軸受を使うのだが2.0φで貫通させるのを忘れて
ハンダ付けして、あとでプレーン軸が入らずに焦る(あほ)
先端も少し落としておかないと飾りの軸箱も付けにくい。
台車中央にハトメ改造の段付きネジが入るように少し削って
おく。
 
Ron2_20220227
延長軸を作る
エコーのパイプ3種類を使って延長軸を作る。
3.0-2.0はイモネジ部である。
 
Ron3_20220227
イコライジング部はこんな感じ?
出来上がったパーツでロンビック台車を組む。
台枠がブレないように前後にアングル材を入れているが
前回使用した5x5の手持ちがなく6x6を使用した。
 
台車が出来ると次は動力部である。
 
Ron4_20220227
モータブラケット
インサイドギアのモータ固定部をカットする。
ブラケットについては以前は単純な形であったが、上画像の
ような形状にするとモータの固定が楽であることが判った。
 
次はモータ側のカバーの曲げ方である。
以下の手順でやると簡単に作成可能である。
(ここに到るまで結構苦労した) 
Ron5_20220227
(1)片側の縁(2.5mmくらい)を直角に曲げる
 
Ron6_20220227
(2)板を挟んでモータより細いドライバに巻きつける
 ある程度形になったら外してモータにぴったりくっつく
 形に整形する。
 
Ron7_20220227
(3)モータに巻いてもう片方の縁の位置を決める。
 正しい位置にしないとモータ位置が決まらないので注意!
 
Ron8_20220227
(4)気合で直角に曲げる
 この後で縁の余り部分をカットする。
 
Ron9_20220227
これでネジ止めが可能になった
モータカバーに両面テープを付けてモータを固定し、
ブラケット側の両面テープを付けてウォーム位置を合わせて
から1.0φネジでモータを固定する。
最後にインサイドギアとモータブラケットを1.4φネジで
固定する。
 
Ron10_20220227
台車に集電ブラシを付ける
t0.1のベリリウム銅板をカットして集電ブラシを付ける。
床板と台車支点部分は充分に絶縁しておく。
 
Ron11_20220227
各種ギア比の動力装置の走行テスト
ギア比のテストも兼ねているので6年前の1:14、
今回の2:16、1:16と3種類の動力装置が揃った。
低速性能についてはやはり1:16が良いのだが静音性は
2:16が優位でDCCサウンド化を考えると悩ましい。
 
これで架線システム、集電装置、レイアウト、車両と
メンバーが揃ってきた。
アルモデルの単台車車両キットを3個発掘したので
新車を作りたいものの26mmインサイドギアの手持ちが
終わってしまった。
30年以上前に高くて買うのに苦労したものなので潤沢に
ストックがあるはずもないのだが、21世紀になってまさか
使い切るとは!
手持ちのギアでインサイドギアを作るか?それとももっと
違う動力連動を考えるか?
やることがいっぱいなのに資金と体力が乏しい。
いやそれより老眼が辛い!(涙)
 
注意!
ここに記載されていることは「私の個人的経験」です。
参考にされてもいいですが、正解である保証はありません。
進捗状況によっては、内容を変更する場合もあります。
参考文献
レイアウト全書 (株)機芸出版社 発行
RAILFAN 12月臨時号 車両研究5 鉄道友の会 発行
RAILFAN 12月臨時号 車両研究6 鉄道友の会 発行

|

« PROMINENTを使う(2) | トップページ | ペトリV6を使う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« PROMINENTを使う(2) | トップページ | ペトリV6を使う »