« いさみやの豆タンク(8) | トップページ | 路面レイアウト用架線クリーニングカー »

2023.10.29

味噌汁軽便レイアウトの制作(8)

軽便祭と久々のDCCサウンドで間が開いてしまった。
そろそろ味噌汁軽便レイアウトも完成ないと!
 
Miso1_20231029
植林を行う
車輛運転確認も完了したので、植林を行う。
樹木はかなり前にドサっと作ってあるので、使えそうなものを
選択して使用する。
 
Miso2_20231029
民家裏側からの風景
終端駅に分岐する側(民家裏側)から見たところ。
運転をするときに終端駅側から車両が見えるように背の低い
木を植林している。
 
Miso3_20231029
終端駅側からの風景
こちら側はやや背が高い樹木を使用している。
線路が「切通し風」に見えるように地面を盛っているので
樹木は少し低めでないと使えない。
(注:収納スペースの関係で全体で20cm以内の高さ)
エンドレスに登る線がある方はさらに低めの樹木を使って
奥に向かって樹高を上げて「だんだん木が増えている」
ように見せかけている。
 
Miso4_20231029
竹林を使う
今回のレイアウトでやってみたかったこと。
それは「日本の風景といえば竹林」である。
今までのレイアウトでも小規模に使っていたのだが、今回は
思い切って「ズラッと竹林」にしてみた。
試しに植えてみたのが上画像である。
この前に簡易駅を作るので「竹林駅」になんとなく決定(笑)
 
Miso5_20231029
車輛を置いて少しずつ調整
この部分は「スイッチバック」に見えるように考えていた。
車輛を配置して樹木の雰囲気をさらに調整する。
(最終的には新規に樹木を作る?)
 
Miso6_20231029
駅工事開始!
さっそく簡易駅設置のための工事を開始する。
この部分「中途半端な傾斜」になっていたのだが、竹林駅への
通り道の坂を作ることにした。
 
Miso7_20231029
ホームを作る
簡易駅ホームは角材にディテールを付けて作成する。
 
Miso8_20231029
竹林駅一応完成
スロープ部分の地面仕上げ/草撒きを終了して、一応駅っぽく
なった。
 
Miso9_20231029
次のテーマは「家畜」
竹林駅側はなんとかなったので、次は茅葺屋根の民家の風景を
充実させることにした。
「軽便のある地区の民家の風景」ってなんだろう?
自分が子供だったころの民家の記憶は「家畜がいた」である。
実は、かつて簡易軌道レイアウトの改修をやったときにも
同様のことを考えていた。
しかし、そのときには「挫折」してしまった。
というのが「そもそもどういう家畜がいいのか?」である。
上画像を見てもらうと判るのだが、馬や牛を家畜として飼育する
施設(あくまで模型的に)を作ろうとすると「結構大きい」ので
ある。
そうなると民家も大きく=小型レイアウトに入らない。
そこで考えた「少年時代に田舎に行ったときにいた家畜」
である。
そのとき見たのはヤギとニワトリであった。
さっそくフィギュアを購入して検討開始!
 
この展開、どうなるか?
 
注意!
ここに記載されていることは「私の個人的経験」です。
参考にされてもいいですが、正解である保証はありません。
進捗状況によっては、内容を変更する場合もあります。
参考文献
レイアウト全書 (株)機芸出版社 発行
レイアウトモデリング (株)機芸出版社 発行
ナローゲージモデリング (株)機芸出版社 発行
ナローゲージブック1 (株)機芸出版社 発行
ナローゲージブック2 (株)機芸出版社 発行
ジオラマテクニックバイブル 瀬川たかし著 成美堂出版

|

« いさみやの豆タンク(8) | トップページ | 路面レイアウト用架線クリーニングカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いさみやの豆タンク(8) | トップページ | 路面レイアウト用架線クリーニングカー »