« 鉄模社ED23(2号機)の制作(4) | トップページ | Digitrax7シリーズとSmileSound導入(1) »

2024.05.22

カツミの581系

鉄模社のロコとの闘いは続くのだが、たまには違うものを
やって気分転換をしよう!
 
Tue6_20240521
動力車を直す
ある日、パーツと素材を買いに行くと委託コーナーに
581系のセットがあった。
私の世代は旅行で寝台を利用すると581系や583系に乗った人が
多いのではないか?
あの狭い上段、中段で横になりながら「いつかは下段(広い)」
と思っていたのだがとうとう果たせず(無念)
実車では夢を達成出来なかったので「それならば模型を」と思い
ながらようやく実現することが出来た。
一応完成品購入なのだが、初期製品(ということは30年以上前)
なのでガッツリ整備が必要であった。
まずは動力車を直すのだが、私には見慣れたインサイドギアで
動力関係は洗浄、モータ交換、ウォームギア交換(2:16)
などの整備を行った。
 
Tue9_20240521
走行テスト
ウェイトは1個減らして自重439gになった。
当たり前だがテスト走行は問題なし。
 
Tue7_20240521
クハネとサハネ
続いてトレーラー車両の整備。
窓ガラスは全て交換。
台車塗装はモハネと同様。
サハネが屋根の一部が凹んでいたので裏側から叩いて直した。
・クハネ:281g
・サハネ:235g
床板が分厚い鉄板(う~ん)、床下機器がホワイトメタルなので
凄く重い(う~ん)
 
Tue8_20240521
サシも修理
こちらも同様の整備(屋根の凹みも)
自重276gと重いのは水タンクの多いホワイトメタルの
床下機器のせい?(涙)
 
Tue10_20240521
意外にもこの時代の車両が好き!
修理を終わって運転スペースで走らせてしみじみとする。
ついでにこれまた古い前面がダイキャスト(遠い目)の
181系も軽整備して運転する。
 
私が古い車両の工作が多いので新しい?電車に興味がないと
思われがちなのだが、実際はこの時代の電車と気動車も好き
なのである。
やはり「実車で実際に旅行したことがある」というのは、
模型に対しても愛情が湧くのだろうか?
 
注意!
ここに記載されていることは「私の個人的経験」です。
参考にされてもいいですが、正解である保証はありません。
進捗状況によっては、内容を変更する場合もあります。

|

« 鉄模社ED23(2号機)の制作(4) | トップページ | Digitrax7シリーズとSmileSound導入(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鉄模社ED23(2号機)の制作(4) | トップページ | Digitrax7シリーズとSmileSound導入(1) »