カメラ関係

2018.11.24

キヤノンIVSb改とSII

紅葉の季節。
なかなか快晴に恵まれないので撮影が難しい。

Sat1_20181124
 キヤノン社のSIIとIVSb改

国産レンジファインダー機の老舗はキヤノン社である。
ず~っとそう思っていたのだが、「どこまでの機種を使ってみるか?」が
私としては悩みであった。
戦前のハンザキャノン、セイキキャノン、J型などは「所有を検討出来ない」
ほどに高価だからである。
10年以上前に、SERENAR50F2というレンズを購入した。
「聞いたことないなぁ」と思っていたのだが、確認してみると、戦後すぐに
発売になったSIIの標準レンズとして「自社初製造レンズ」として
販売されたものであった。
(注:その後、すぐに50F1.9に変わってしまったので数が少ない)
その後、SIIのボディも入手したものの、なんとなく使われずに
いたカメラであった。
今回、色々とあって「戦前から続くバルナックタイプ発展型の最終型」
とも言えるIVSb改+50F1.8を入手したので、使い比べてみることにした。

Sat2_20181124
 SERENAR50F2 絞り解放

Sat4_20181124
 SERENAR50F2 F=1:2.8

”SIIとIVSb改を使う”言っておいてなんなのだが、SERENAR50F2の
撮影はIIIgで行った(ち~ん)
理由は簡単で、SIIは吊管の耳が無いため、皮ケースがないと
使いにくいからである。
(注:落下させてしまったら困る)
久々に使って見た感想は以下の通り。
 ・写りは結構安定していて使い易いレンズである
 ・絞り解放では背景が暴れるタイプだが、クセを語るほどでは
  ない(注:個人の感想)

Sat7_20181124
 手前:IVSb改 奥:SII

SIIは昭和21年(1946)、IVSb改は昭和30年(1955)の製品である。
パッと見たところではソックリさんであるが、両機の間では機能面で
大きく進歩が見られて興味深い。
IVSb改のボディは、変倍ファインダー(同機能はIIB(1949)から)、
巻上げなくてもシャッター速度設定が可能、スロー機構の改良など
改良の軌跡を実感出来て楽しい。

Sat8_20181124
 50F1.8 絞り解放

Sat11_20181124
 50F1.8 F=1:4

Sat10_20181124
 50F1.8 F=1:2.8

セレナー50F2からすぐに交代した50F1.9は、多大な開発努力によって
このレンズ(50F1.8)が発売されることになった。
使用してみると、確かに良いレンズである。
暗い所でも、明暗が極端なところでも、逆光でもいい感じである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.09

ボルシー(BOLSEY)

カメラのHPを更新している。
手持ちのカメラを全部掲載するべく努力をしていると、このカメラに
気が付いた。

Fri3_20181109
 ボルシー(PH-324A)とCタイプ

10年以上前に、友人からボルシーを2台もらった。
珍品のARMY(PH-324A)と空軍用なのだが、未整備状態だったので
撮影しないまま仕舞いっぱなしになっていた。
Cタイプについては、その数年後に購入してやはり撮影せず。

今回の使用に際して、距離計に修理が必要を行ったが、
一見簡単な構造なのに調整のために丸々1日を費やした。
レンジファインダーの距離計は簡素な構造のものが一番やっかいで
あることを思い出した。

Fri4_20181109
 PH-324A 1/200 F=1:5.6  最近接(2feet)

Fri5_20181109
 PH-324A 1/200 F=1:8

ボルシーは普及品のレンジファインダー機については、
2feet(約60cm)まで寄って撮影出来るのが便利である。

Fri7_20181109
 BOLSEY C 1/200 F=1:5.6 ウェストレベルファインダー使用

Fri8_20181109
 BOLSEY C 1/200 F=1:8

Cタイプはウェストレベルファインダーを使って低い位置で
撮影したり、近接撮影で構図を確認することが出来て楽しい。

Fri6_20181109
 撮影時にタヌキを激写

ボルシーで撮影しているときに、近所でタヌキに出くわした。
慌ててボルシーで撮影したのだが、構えている間に遠くに
行ってしまい、露出オーバー、手ブレとさんざんな撮影結果となった。
それはいいのだが、トリミングしてタヌキ君を見ると「ああ、昭和の写真」
という気持ちになった。
クラシックカメラやレンズの楽しさは、案外こういうものかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.04

トプコン35Bと安原一式

ここ数か月、趣味関係のものを整理している。
そうすると、カメラ関係であれこれと発掘されるので「撮影しよう」という
気持ちになってくる。
丁度いいことに、近所のバラ園が公開中なので撮影を行っている。

Sun1_20181104
 発掘されたトプコン35B

手前にある大物の整理+撮影が進むと、隠れていたカメラが
発見されて楽しい。
このカメラは、アル研時代に譲ってもらったものである。
確認すると、ちゃんと動作していた。
古いカメラ(1955年)なのに、さすがはトプコンである。

Sun2_20181104
 Topcor42F3.5 1/500 F=1:8

Sun3_20181104
 Topcor42F3.5 1/500 F=1:8

レンズシャッター機なので、最高シャッター速度が1/500となる。
F=1:8まで絞らないと使えないのだが、私もオトナになったので
「絞り解放主義」を卒業?しているので苦にならない。
(当たり前だって!=>自分)
撮影結果を見ると「よく写るなぁ」と感心する。

もう一台出て来たものがある。

Sun4_20181104
 そういえば持っていた・・・安原一式(T981)

国産一眼レフの保管場所に「あれ?見慣れないものが」と発見した
ものが、このカメラである。
このカメラの詳細を改めて調べてみると、おおよそ以下のような
ものであった。
 ・1997年にインターネット上でその企画/開発が発表
 ・1998年10月より予約開始
 ・1999年から直販形式のみで販売

10年以上忘れていたので心配であったが、小さなトラブルはあるものの
カメラとしての機能に問題はないので撮影を行った。

Sun5_20181104
 Hexar50F3.5 1/2000 F=1:4

Sun6_20181104
 c.simular50F3.5 1/2000 F=1:4

外観は”廉価版のコンパクト機”のような感じがするが、Lマウント機と
しては1/2000の最高シャッター速度があり、今回使用したような
暗いレンズではほぼ絞り解放が使えて便利であった。
(撮影時に”細かい注意点”を思い出していく・・・という修行はあったが)

今回使用したレンズ、こちらも10年以上使っていなかったが
その写りを楽しむことが出来た。

参考文献:クラシックカメラ専科 No.50 (1999年)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.24

秋のバラ園

秋のバラ園が開園されたので銀塩撮影を行った。

Angeniux_20181024
 Rectaflex Angeniux50F1.5 F=1:2.8

Opl_20181024
 FOCA PF3L OPLAREX50F1.9 F=1:2.8

Ek50_20181024
 Kodak Ektra Ektar50F3.5 F=1:5,6

Ms50_20181024
 ALPA9d Macro-Switar50F1.9 F=1:5,6

Summilux80_20181024
 Leica R8 Summilux80F1.4 絞り解放

久々にLeica R8を使用したのだが、その重さ(約1400g)の重さが
身に染みた(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.22

OPRALEX50F1.9を使う

猛暑が去って、ようやく撮影が出来る!と思ったら秋雨(ち~ん)

なんだかんだとあって、きちんと使うことが出来ていなかった
FOCA PF3L+OPLAREX50F1.9による撮影を行った。

Opl1_20180922
 OPRALEX50F1.9 絞り解放

曇天の日に撮影。
光が弱いときのこのレンズは「それなりに落ち着いた」描写になる。

続いては、恒例の「ロマンスカー」である。

Opl3_20180922
 OPRALEX50F1.9 F=1:5.6 画像左側が露出ややオーバー

Opl2_20180922
 OPRALEX50F1.9 F=1:5.6 PhotoShopで露出補正

ネガをスキャンして気が付いたのだが、日照がそれなりにある状態で
シャッター速度1/1000で撮影して気が付いた。
 (1)画像左側がやや露出オーバー気味
 (2)OPRALEX50F1.9の描写が凄く「甘い」
(2)は「このレンズの個性か」と嬉しい発見(?)である。
(1)については、「FOCAのシャッターの構造ではこういうことが起こる」
ことが判って、構造と動作の関係が判って楽しい。

Opl4_20180922
 OPRALEX50F1.9 F=1:4

少し雲が出て来たところで撮影すると、1/1000でもシャッター速度の
バラツキによる差を感じなくなる。

Opl5_20180922
 OPRALEX50F1.9 F=1:4 ほぼ曇天での撮影

「曇っているときの写りが一番安定している」のがこのカメラの個性?
ということを感じた撮影であった。

ところで、FOCAを使用して思うのが「メガネを外さないとファインダ視野の
60%も見えない」ことである。
超近眼の私がメガネを外して撮影する・・・なにか矛盾した使い方?

そこが「おフランスの味」なのであるう(遠い目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.17

ALPA-REFLEXの付属品の謎

東急カメラ市が開催されている。

今回、長年?探していたアルパレフレックスのレンズと付属品を
買うことが出来た。

Alpa1_20180917
 皮ケースを天日干ししようとして発見

ALPAに詳しい人はご存知なのだが、アルパレフは吊管の耳が
ないので皮ケースがないと使いにくい。
私は一応1つ持っているのだが、上カバー付きのちゃんとしたものが
欲しい?と思っていたら購入することが出来た。

こういう品は長年仕舞いこまれているので、天日干しをすることに
なるのだが、準備をしていると、ピントグラス上部の辺りになにやら
蓋が付いていることが判った。
開けてみると、鉄製の固定部品に4枚のフィルタが止められている
ものが出て来た。
ALPA-REFREX関係でこの手のアクセサリを見るのは初めてである。

ということで、α7で試写してみることにした。
レンズはもちろん、このフィルタと同時購入のALFINON50F2.8である。

Alpa3_20180917
 ALFINON50F2.8 絞り解放 通常撮影

Alpa4_20180917
 No1と刻印のあるもの(クローズアップレンズらしい)

クローズアップレンズらしいフィルタを使うと、なるほど寄ることが出来た。
1948年?当時にこういうアイテムがあったのか、と感心する。

Alpa2_20180917
 謎のフィルタ「網」

今回最も謎のアイテム「網」
これはどういう効果のフィルタなのだろうか?

Alpa5_20180917
 どうやらソフトフォーカス?

試してみると、どうやらソフトフォーカスレンスらしい。
これも「こんなものがあったのか」と感心する。

Alpa6_20180917
 3枚目は「ちょっと黄色いフィルタ」

このフィルタは「モノクロ用のコントラスト調整用?」と思われるのだが
撮影してみるとあまり違いが判らなかった。

Alpa7_20180917
 最後は分厚い黄色いフィルタ

最後は明らかにモノクロ用のコントラスト調整フィルタで、撮影すると
強烈に黄色い(笑)

ALPA-REFREXのアクセサリは珍しいので、こういう形で発見すると
ワクワクする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.20

Leica IIIg

FOCA PF3Lのライバルも使ってみた。
(注:個人の感想です)

L3g1_20180620
 この海合わせで旅行してみたかった(遠い目)

10年以上前に「この組み合わせなら旅行に便利」と思っていた
ライカの組み合わせがあった。
IIIgはブライトフレームで50/90の枠が出る。
ということは「全周で見れば35mm相当では?」
外付けファインダーなしで行ければ便利! という訳である。

しかし、IIIgを入手したのは遅く、結局はそういう使い方をしたこと
はない。
デジタルカメラ全盛になってしまったのである。

そんなこんなで5年以上が経過。
気が付くとシャッター幕が昆布になっていた(涙)
色々と検討の結果、今回ボディをより程度の良いものに更新した。

さて、撮影。

L3g2_20180620
 Elmar50F2.8 F=1:4

L3g3_20180620
 Elmar90F4 絞り解放

L3g4_20180620
 Summaron35F3.5 絞り解放

90mmは黒ペイントの古いタイプである。
(ただし、山崎光学さんで再研磨済)
結果を見て思ったのは「本当に良く写るなぁ」
まあ、私はFOCAの写りも使い勝手も好きであるが、一般人が
どちらを選ぶかは・・・(さらに遠い目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FOCA PF3L

以前から「いつかはフランスのカメラ」と思っていた。
そう思う割りには、他の「もっと変わったカメラやレンズ」が優先して
ようやく入手。

Foca1_20180620
 どうせ買うならオプラレックス付き

OPL社のカメラ、そして「フランス唯一のバルナックタイプ」のFOCAは
WWIIの影響で製品化は1945年にPF2が発売になり、色々なタイプが
出るものの、1962年にM3を意識したFOCAユニバーサルRCが出る
ものの、1963年にカメラの製造を終了する。

長年「いつかは欲しかった」と思っていたカメラなので、どのタイプを
購入するか? 
 (1)レンズはOPLAREX50F1.9
 (2)レバー巻上
と、もう一つの検討基準があった。

Foca2_20180620
 PF3Lはスクリューマウント

最後の最後まで迷ったのが「距離計が全レンズ連動」である。
PF2のタイプは一応レンズは外れるが、ボディ側に固定された
マウント兼ヘリコイドは標準レンズにしか距離計が連動しない。
つまり
 (3)距離計連動

どうせなら交換レンズも・・・とは思った。
しかし、結局「たぶん交換レンズは買わないな」とあっさり
PF3Lになった。
結局、必須条件は(1)だけだった(笑)

もっとも、購入後にα7で試写するときに、小径スクリューマウントは
簡単にM-Eアダプタが使えて助かった。

PF3Lは1959-1963に生産されたカメラで、ユニバーサルRを
スクリューマウントタイプにしたようなカメラである。
バヨネットタイプが発売になっても、最後までこのタイプが生産されて
いたのは面白い。
というか、あのマウントではスクリューマウント用アダプタは作れない
から仕方がなかったのかもしれない。

Foca3_20180620
 バルナックライカと比較すると底蓋が外れるのが楽

FOCAを使おうとして便利だと思うのは底蓋が外れてフィルム装填が
楽なことである。
フィルムをスプロケットに止める金具が可動式で装填時に固定する
のも面白い。

ところで、FOCAは「巻上を途中で止めると戻ってしまう」のが有名である。
レバータイプはもしかしたらラチェットになっている?と期待したのだが
やはり戻ってしまうことを確認した。

Foca6_20180620
 PF3LのライバルIIIgとの比較

ところで、PF3L(1969-63)のライバル機は?と考えてみると、
IIIg(1957-61)になるのだろうか?
注:M3(1954-68)と比較すると厳しい?

手に取ってみると、IIIgが重い。
サイズはほぼ同じなのになぜ?と思い、実測してみた。
(1)Leica IIIg 
 ボディ: 454g
 レンズ(Elmar50F2.8): 204g
(2)FOCA PF3L
 ボディ: 512g
 レンズ: 93g
驚いたのは、ボディだけならIIIgが軽いことである。
もっとも、PF3Lはボディ側にヘリコイドが付いているからそうなっても
おかしくはない。

Foca8_20180620
 OPLAREX50F1.9 F=1:2.8

Foca9_20180620
 OPLAREX50F1.9 絞り解放

Foca7_20180620
 OPLAREX50F1.9 絞り解放

撮影してみると、オプラレックスというレンズはなかなか良く写る。
F=1:2.8でも背景はいい感じのボケになる。
(注:逆光に弱いだけかもしれないけれど)
正直、もうちょっとソフトに写るかと思ったのだがしっかりした写り
なのが「嬉しい裏切」である。

ところで、撮影をしていて気が付いたことがある。
Foca5_20180620
 レンジファインダー機のファインダー位置の理由

ライカやコンタックスを使い始めて思ったことがある。
それは「ボディ左端より真ん中にあれば至近距離撮影で被写体が
ズレなくていいのに」ということである。
FOCAはファインダーが真ん中にあるので、この謎が解けそうで
期待して撮影した。

結果は御覧の通りで、チョコ君の画像(1m)の通りで、しっかりと
ズレている。
むしろ問題だったのは、フードを付けるとファインダ像が蹴られるので
ある。
OPLAREX(タイプにもよる)は先端部に溝があり、なんと!ライカの
Summicron用フードが使えるのである。
喜んで撮影に出ると・・・「え?下半分が見えない」
他のレンジファインダー機でファインダ位置がほぼ真ん中のカメラと
いえばKODAK EKTRAがある。
こちらはなんで大丈夫なのか? を確認してみると、大柄なエクトラ
はファインダ位置が高いのである。
なるほど、小柄なライカやコンタックスはそれで左端にあったのか・・
先人の知恵をしみじみと納得。

困ったことに、FOCAのレンズはフィルタネジがない。
フィルタも被せなので、専用の小径フードを作成した。
これでうまく行けばいいのであるが。

Foca4_20180620
 裏蓋に面白いステッカー

購入するときの話で「フランスのカメラはこういうものだから文句を言うな」
というステッカーが貼ってあるよ、というものがあった。
確認してみるとこのステッカー。
フランス語だから・・・読めない(遠い目)

参考文献:
クラシックカメラ専科 No.45 世界のライカ型カメラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.10

FOCAFLEX

実はカメラ市でFOCA PF3L+OPLAREX50F1.9を購入したのだが
調子が良くないので修理中である。

あ~。フランスのカメラを使いたい!
それで思い出した!

Opf1_20180610
 FOCAFLEX型を発掘

10年以上前にこのカメラを購入した。
フォカがなんとも不思議な光学系で製品化したレンズシャッター式
一眼レフである。
レンズはOPLAR 50F2.8 で、おぼろげな記憶では3枚玉である。
FOCAが独自に開発したレンズシャッターは、1/250が最高速で
やや物足りない気がする。

Opf3_20180610
 まずはチョコ君を撮影 絞り解放

さっそく使うのだが、困ったことに吊管取り付けの耳が無い。
仕方がないので、三脚穴にストラップを付けて使用する。
正直、ちょっと不安。

1/250 で絞り解放でチョコ君を撮影。
最近のチョコ君は「古臭いカメラを構えていると何もくれない」
ということを覚えてしまったようで、撮影には非協力(笑)

Opf4_20180610
 季節なのであじさいを撮影 絞り解放

今年はあじさいの開花が早い?
絞り解放で撮影してみると・・あれ?このOPLAR50F2.8
案外いい感じの写りをする。

Opf6_20180610
 恒例のロマンスカー撮影 F=1:11

もういいか? とは思うのだが、結局ロマンスカー撮影。
幸運にもLSEが来た!
・・・そして、不幸な出来事が・・・

Opf2_20180610
 恐れていた「手を滑らせる」が発生!

LSEを正面から撮影し「よし!巻上だ!」
その時、この事件は発生した(それほど?)
フォカフレックスは、実は結構大柄でしかも重い(758g)
しかも、「このなんともツルンとしたボディ形状」が災いして、
なんとも持ちにくい。
巻上レバーも指がかかりにくいもので、フィルムを入れると重い。
LSEを振り向きざまに撮影しようと、巻上ようとしたら
 ・レバーに指をかけそこなう
 ・重い巻上をグリっとやろうとして手が滑り・・
 ・開かなくてもいい露出計カバーが突然開いてビックリ!
 ・焦って掴もうとしてフード(被せ)が吹っ飛ぶ
 ・手が滑ってストラップで首にビ~ンとぶら下がる
ハッキリ言ってギャグである(ち~ん)

Opf7_20180610
 それでも咄嗟に撮影したのがこれ

ああ・・・行ってしまった(呆然)

Opf8_20180610
 気を取り直してEXA F=1:11

それでも、なんだかんだで撮影はそれなりにうまくいった。
このカメラ、使い方を工夫しないとダメなようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.01

Rectaflex

せっかくの桜なので、レクタフレックスを久々に使う。
レンズも純正のAngeniux50F1.8である。

Recta1_20180401
 使い始めはこういうコマが続く・・

レクタフレックスはご存知の通り「指力でミラーを上げる」方式である。
レリーズは意外にも軽いのだがストロークが長い。
そのため「作動中はレリーズを押し続ける」ように使うのだが、
電車のようにスピードがあるものを撮影すると、すぐにレリーズから
指を外してしまう。
=>普通のカメラはそういう使い方の方が普通
そのため、シャッターが動作中にミラーがガッツリ陰を作ってしまう。

Recta2_20180401
 6コマほど撮影してようやくカンが戻る F-1:2.8

Recta4_20180401
 少し離れて撮影 F-1:2.8

だんだんとコツを思い出しいてきてようやくうまく撮影出来るように
なった。
レクタフレックス1300はシャッター速度が1/1300なので早朝であれば
F=1:2.8で撮影可能である。

Recta3_20180401
 絞り解放

Recta5_20180401
 F=1:2.8

さすがはアンジェニュー50F1.8 絞り解放では強烈な後ボケ。
F=1:2.8に絞るといい感じにマイルドになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧