カメラ関係

2017.09.18

アルネア7とミランダTで撮影

台風が通過して、ようやくいい天気になった。
完全整備を終了したアルネア7で撮影していなかったので、ヒガンバナを
撮影することにした。
そうなるとちょっと欲が出て、ミランダTも使う。

Mon1_20170918
 Switar50F1.8 絞り解放

Mon2_20170918
 Zunow50F1.9 絞り解放

まずはチョコ君を絞り解放で撮影する。
考えてみると、Switar50F1.8もZunow50F1.9もスペックが似ている(そうか?)
今回、完全整備のアルネア7はレンジファインダーを使って撮影したのだが
距離計も精度高く、ファインダーの見えも良く快調であった。

Mon5_20170918
 Switar50F1.8 F=1:2.8

Mon6_20170918
 Zunow50F1.9 F=1:4

雨のせいでヒガンバナの撮影が遅れたので、いい時期を逃した感が
ちょっとだけあった。
Switarハカッチリした安定した写り、Zunowは後ボケの感じがいい(そこか)。

Mon7_20170918
 Switar50F1.8 F=1:8

Mon8_20170918
 Zunow50F1.9 F=1:8

お約束のロマンスカー撮影である。
といいつつ、フィルムの残りが少なくてこの2枚しか撮影していない。
F=1:8まで絞ると、自動絞りのSwitarはいいのだが、Zunowはプリセット
なのでファインダーが真っ暗で老眼には辛い。

完全整備のアルパは凄くいい感じである。
これから涼しくなっていくはずなので、撮影の機械が増えそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.09

アサヒフレックス

いつの間にか秋の気配。
とはいえ、晴れると暑い。

Asahiflex1_20170909
 アサヒフレックスIaとアサペン(S1a)

私が初めて使用したのはアサペンS2である。
アサペンが初めての一眼レフという人はかなり多いはずである。
アサヒフレックスIaは初代のI型(1952年)の翌年発売になったものである。
レンズがプリセットタイプになり、三脚穴がボディ下中央になった。

Asahiflex2_20170909
 吊管の耳がないので苦労する

皮ケースがあるのだが、首から下げて使うためのストラップがなく、
どちらかというと「移動時の破損防止カバー」のようなものである。
仕方がないので、三脚穴にネジを入れてストラップを付けた。
不要かな?とも思ったのだが、実際に使っているとうっかり落としそうに
なったのを2度ほど救ってくれたので、用心に越したことは無いと実感した。

さて、撮影である。

Asahiflex4_20170909
 Takumar 50F3.5 絞り解放

老眼でジ~っとしていてくれない被写体をウェストレベルファインダーで
撮影するのはかなり辛い。
10枚くらい撮影して成功?したのは3枚ほどであった。

Asahiflex5_20170909
 Takumar 50F3.5 絞り解放

近所の植物園で撮影・・なのだが、季節の変わり目だからか?
撮影出来るものが少なくてちょっと悲しかった。
こうしてみると、後ボケはややグルグルになっているが、全体的には
落ち着いた描写で好感が持てる写りだ。
(注:個人の感想です)

Asahiflex6_20170909
  Takumar 50F3.5 F=1:5,6

定番のロマンスカーの撮影。
露出計に従ったのだが、あと1絞りしても良かったような気もする。
プリセットタイプのレンズの場合、1/500までだとちょっと辛い(老眼なので)
笑ってしまうのが、ロマンスカー撮影を開始したときに最初はウェストレベル
ファインダーで「像が小さくて見えないよぉ~(号泣)」とやっていたのだが、
「あれ?ウェストレベルの横に透視ファインダーがあるじゃん」と気が付いた。
そうなると結構撮影は楽であった。
しかし・・・それって一眼レフとして寂しくないか?(疑問)

Asahiflex3_20170909
 35mmのウェストレベルファインダーで「これはいい」の代表は?

こういうときに「35mm版でウェストレベルで見やすいファインダーがあるよな」
と考えて思い出したのが、コンタフレックス(2眼)である。
こちらは、専用の80mmレンズを使って大きなピントグラスに像を写し、
パララックス補正までする・・という「凝るにもほどがある」構造である。
これならば、中版の大きさで見ているのと同じだから見やすい。

それに対して、アサヒフレックスは「素直に35mmサイズ」なのだから、
老眼になると辛くて悲しい。

もっとも、コンタフレックスは1400gを超える重さで、ブロニカDxに匹敵する
のである。
それに対して、アサヒフレックスは667gなのだから、文句を言ってはいけない
のかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.04

ミランダTで撮影

天気がいい日が少ないのでなかなか撮影出来ない。
なにしろ、ミランダTは1/500までしかないので、真夏のピーカンは
辛いので、曇天狙いになる。

Miranda1_20170904
 Zunow50F1.9 絞り解放

Miranda2_20170904
 Zunow50F1.9 F=1:2.8

Miranda3_20170904
 Zunow50F1.9 F=1:5,6

ちょっとクセが掴み切れていないのだが、まあまあいい感じか?

続いては、マウントアダプタを使用しての撮影。

Miranda4_20170904
 シュタインハイル Auto-Quinaron 35F2.8(EX) EXアダプタ

Miranda5_20170904
 オリオン光学 SUPREME100F2.8 F=1:5,6 M42アダプタ

SUPREME100F2.8については、M42のヘリコイドを作成しての使用と
なる(本来はフォーカベル用)

Miranda6_20170904
 国産初期一眼レフを使って思うこと

ミランダTを入手したので、同じ国産初期一眼レフのアサヒフレックスも
出してきて思うのは「やはりペンタプリズム式は使いやすい」ということ
である。
このAsahiflex Ia(1953年) はミランダTの2年前の製品である。
ウェストレベルファインダーはエキザクタと同様だが、老眼の
私にはこれで撮影するのはかなりしんどい。
(注:これが中版であればまだ大丈夫なのだが、35mm版のサイズ
 ではよく見えない)

これと比較するとミランダT(1955年)はそれなりに使用出来る。
アサペンについては、IIB(1954年)にクイックリターン式になり
AP(1957年)にようやくペンタプリズミ式になる。
ミランダTはちょっと先を行っていた、ということになる。
こう書くと「アサペンはダメ」っと言っているように見えるが、
実はそうでもない。
Iaはクイックリターンではないものの、レリーズから指を離すと
ミラーが復元するのは素晴らしい。
ミランダTもこの方式だったら・・・と思うのだが、特許の関係でも
あったのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.26

ミランダT

雨だったり、時々晴れると猛暑だったり・・・
クラカメで撮影?という天気の日が多い。

そんなぼやきはともかくとして「長年の夢」が叶う日が来た。

Sat3_20170826
 ようやくミランダTを入手出来た

国産初のペンタプリズム式一眼レフ、ミランダTである。
欲しい!と思ったきっかけは、やはり「銘機礼賛」である。
レンズがZunow50F1.9というところにも憧れがあった。
このボディはOrion Camera Co. 刻印であることと、ボディナンバーが
かなり若いので発売初年の1955年8月から翌年初旬に製造されたもの
では?と思っている。
(会社名がMiranda Camera Co. になるのは1957年)

Sat4_20170826
 開発の参考になったのはContax S?

ウチにある初期のペンタプリズム式カメラと比較すると、やはりZeissの
Contax Sをお手本にしていることを確信した。
レリーズすると上がったままのミラー、ボディの角の処理、ノブ形状など
そっくりである。

すぐに銀塩撮影したかったが、まずはZunow50F1.9をα7で試写。

Sat7_20170826
 Zunow50F1.9 絞り解放

なにぜ60年前のレンズなので、本格的にレンズクリーニングをして
撮影すれば「おお!さすがZunow!」となるのかな?とは思うものの
ちょっとソフトな感じになるところが、むしろいい感じのような気がする。

ということで、いよいよ銀塩撮影。

Sat5_20170826
 Zunow50F1.9 F=1:4

Sat6_20170826
 Zunow50F1.9 F=1:5,6

実は絞り解放でも撮影したのだが・・・老眼のため失敗(遠い目)
正直、背景が空のような明るい構図だとハレーションが出るのだが
うまく撮影するといい感じになることが判った。

ところで、ミランダTのファインダーは時代を考えると意外にも明るく
ちょっと絞ってもピンはそれなりに良く見える。
これは「カメラを作る前から経験があった」からなのか?

Sat8_20170826
 で、それがこの「フォーカベルとミラックス」

実は「いずれミランダTを入手したときに見比べてみたい」と
FocabellとMiraxのセットを入手してあった。
レンズもSUPREME100F2.8(ベローズ用)が付いている。
改めて出してきて組んでみると、この小柄で軽量なミラックスは
ファインダーが明るくて見やすく、ベローズも軽くて手持ち撮影が
やりやすい。

Sat9_20170826
 マウント部 なるほどこれが元になった?

44mmのスクリューマウント部と、その奥にあるミラーは両方とも
そっくりである。
それにしても、MiraxもMirandaも、ロゴがなんともおしゃれである。
そういえば、フォーカベル、ミラックス、ミランダ、もソフトなイメージで
いいセンスだと思う。

さて、次はスープリーム100F2.8とミランダTで・・ということで、ヘリコイドを
作り始めたのだが・・・(ここで悲劇発生)

参考文献:クラシックカメラ専科 No.64 ミランダの系譜 朝日ソノラマ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.30

コンタレックススペシャルの修理完了

今年になって「やっぱ古いレンズを使うならオリジナルボディと」という
気持ちになっている。
そうなると、代替ボディがないものは修理しないといけなくなる。

そんな1台として修理に出してあったコンタレックススペシャルが
帰ってきた。

Sun1_20170730
 結果として「かなりの重整備」

シャッター幕がコンブになってしまったので修理に出したのだが、
中を開けてみると「相当に使われたボディで消耗激しい」状態だった
とのことで、シャッター幕交換以外にもミラー機構交換が必要に
なったとのことである。
(他にもあちこち改修の手が入っているとのこと)

Sun2_20170730
 ミラー機構は華奢な構造?

大柄でガッチリ重いコンタレックスだが、内部機構は繊細というか、
華奢な構造である。
ミラー機構についても、交換された部品と見てみると、細かいギアや
細いレバー部など「これで大丈夫?」というものである。
丁寧に使わないといけないのだな、と改めて自覚することになった。

Sun3_20170730
 ドッシリと風格のあるカメラ

これでようやくコンタレックスのレンズをオリジナルボディで撮影出来る。
それにしても「デカくて重いなぁ」
計量してみると、ボディ:864g レンズ:382gもある。

それはともかく、早く撮影したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.22

ALPA ALNEA 7 の復活

猛暑である(またか)

この暑さの中、嬉しいことがあった。
アルネア7の復活である。

Sat6_20170722
 2016.9.23 の状況

去年のことだが、「そういえば、2年くらい動かしてないな」と
アルネア7を出してきて巻き上げると・・「あれ、なんか軽い」
で、レリーズすると中途半端な動きをする。
確認してみると「な、なんじゃいこりゃ~(By Gパン)」

な、なんと、先幕がジョロジョロと引っ張り出せるではないか!
呆然・・・
以前(って2年前だけど)は普通に動作したのに・・
脱力感のまま半年ほど経過。

ウチの銀塩カメラ(一眼レフ)の主力は、意外なことにALPAなので
ある。
それはオリジナルのレンズ+マウントアダプタのおかげで、使用出来る
レンズが圧倒的に多いからだ。
ここ数年は、α7の登場によりすっかり影が薄くなっていたが、
銀塩撮影では主力なのである。
そうなると、動作するボディは少しでも多い方がいい。

それと、このアルネア7は「由来があるもの」なのである。
アル研の熾烈なジャンケン大会で勝利して入手したものなのだ!
記録を調べてみると、1993.11.6のことであった。
(注:残っている資料(写真)ではこの日付なのだが、記憶では
 もうちょっと後のことだったような気もする)

ということもあって修理を依頼した。
しかし「ここまで盛大に壊れるとダメかもしれないよ」とのことであった。
う~む、これは数年待つことになるのか(遠い目)

数日前に「直りました」との連絡をもらい、仕事も忘れて受け取りに行った。
(注:そんなにマジメに労働したことないけど)

Sat3_20170722
 無事「重修理」を完了した姿

Sat88_20170722
 修理中の画像を送ってもらった

カメラを受け取り、修理人の方に詳細を教えてもらった。
 ・シャッター幕は全部交換 
 ・接眼部レンズ交換(前のは割れていた)
 ・  〃 周辺のネジ2本、白い板を入れた
 ・スプール系の部品が摩耗して使えなくなっていたのでパーツ交換
 ・距離計のクリーニング/調整

Sat4_20170722_2
 重修理の結果、面白い事実が発覚

部品交換を伴う重修理を行うと「製造年代」が判ってくる。
ボディ側の製造No.のプレートが無くなってしまっているため、
裏フタのNo.が修理時の受け取り用になるのだが、中身と比較すると
一致していないのでは?ということらしい。
裏フタの方が新しいのである。
どこかで入れ違いになったのだろうか?
そのせいでボディ側のプレートが無いのか?
このカメラの経歴を想像すると楽しい。

最後に出た話は「スプール系の部品の消耗状況から、このカメラは
プロがガッツリ使ったようですね、フィルムを入れて使わないとこういう
消耗の仕方はしませんから」とのこと。

私の返事は「なるほど、確かに前オーナーは本物のプロの方でした」
これは確かな事実である。

そこからはカメラ雑談になったのだけれど、私はこのような話をした。
「ALPAは華奢とか壊れやすいとか言われるが、このアルネア7は
製造年代が1956年くらいで60年近く経過している、そのカメラが
プロを含めてガッツリ使用されても、整備をすればまだまだ使える
ALPAは”立派な実用機”ということではないだろうか?」

「機械式カメラは海外製も国産でも、整備して使えばちゃんと動くから
みんな丈夫だよね」 という話で締めくくりとなった。

やはり銀塩カメラは楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.17

LeicaM型って素晴らしい

猛暑である。
さすがにもう室外で撮影する気分になれない。

さて、先週「さすがにビドムには飽きた」と思ったので、M2を使うこと
にした。
M3であれば、「Hektor73F1.9は50mmと90mmの枠の中間でいいか」と
なるのであるが、M2の場合はそうはいかない。
(注:M3は50mmの枠が出っぱなしなのを利用)
ということで「90mm枠で撮影して違いを見よう」となる。

Sun4_20170716
 Hektor73F1.9 絞り解放

Sun5_20170716
 Tambar90F2.2 絞り解放

どちらも最短距離(1m)である。
こうしてみると、73mmはかなり標準レンズに近い画角に見える。

Sun6_20170716
 Tambar90F2.2 絞り解放

Sun7_20170716
 Hektor73F1.9 絞り解放

あじさいもそろそろ季節が終わりかな?と思いつつ撮影。
こちらもヘクトールは標準レンズっぽい感じになった。

さあ! 次はロマンスカーだ!・・・と思ったが、あまりの暑さに
止めになった(倒れそうな気がしたので)

この撮影をしてから気が付いた。
「これだったら、M9には75mmの枠あるじゃん」
ああ・・・(疲労感)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.12

ビドムとは?

猛暑だというのに、ビドム修行は続く(なぜ?)

ところで、若者にとっては「ビドムって何?」という状態であろう。
(いや、全員か)

ということで、それなりに解説を試みることにする。
(というか、自分が忘れているので)
参考文献:
 ライカのアクセサリー(下) 中村 信一著 朝日ソノラマ

なお、使い勝手については「個人の感想」である。

Wed4_20170712
 この上に載っているものがビドムである

IIIfの上に載っているもの、これがビドムである。
これだ!と言っておいてなんなのだが、実は正式名称はビドムではない。
焦点距離を変更して使えるファインダーの総称は
「ユニバーサルファインダー」である。
ライツから発売されたものを大別すると
 (1)鉄砲ビドム(VISORなどタイプ別に複数の型番あり)
 (2)ビドム(VIDOM)
 (3)正像ビドム(VIOOH)
とあり、私が使っているものは(3)である。
()内は型番で、VIDOMがユニバーサルファインダーの総称になった
ようである。
他の型番は発音が難しいからだろうか?
このなかで、73mmに対応しているものは(1)の一部である。

以降は(3)をビドムと呼ぶことにする。

Wed5_20170712
 パララックス補正は距離に合わせて傾斜する

画像は3.5feet(約1m)にした状態である。
レンズ側のピントを合わせて、ビドムのパララックスを補正する。
レンズもビドムもfeet表示とm表示があるのだが・・・まあ、こんなものか
という感じなので私はタイプが違っても気にしていない。
無限遠の状態でも少し角度が付いているので、使い方のコツを
掴まないと微妙な写りになってしまう。

Wed6_20170712
 焦点距離の設定はリングを回して行う

焦点距離は35mm~135mmまでと広い範囲で対応している。
アタッチメントを付けると28mmにも対応するが、アタッチメントが
ビドムより高いので購入していない(笑)
画像から判る通り、73mmの設定はない。
Hektor73F1.9は1931~1942と長期間でもあるし、約7200本も作られている
ので、すべてのビドムが対応していてもいいと思うのだが、どうして
対応しなかったのだろうか?
(正像ビドムは1939~1964なので、ますますそう思う)

グチはともかくとして、先に撮影したときにはα7を使いながら
撮影範囲を決めて、8.5cmの文字の下くらいにしたのだが、
結果は・・だったので、8.5cmのノッチ部に9cmの位置に設定
して使用することにした(個人の経験値なので不正確)

ということで撮影してみる。
カメラはIIIf、レンズはもちろんHektor73F1.9である。
(1/1000を使いたかったので)

Wed7_20170712
 普通に構えて撮影 F=1:5,6

結果的に成功である。
やや広い範囲が写っているような気がする。
(ま、いいか)

Wed8_20170712
 縦位置での撮影・・・ F=1:5,6

ビドムの傾きを計算に入れて縦位置を・・ダメだった(遠い目)

ということで、修行はまだまだ続く・・かもしれない。

おまけ 2017.7.14

ユニバーサルファインダーの話をしていて思い出した。

Fri5_201070714
 変わり種「タナックのファインダー」 え?この刻印は?

これもユニバーサルファインダーの類だと思うのだが、タナックの
ファインダーを持っている。
購入した理由は「8.5cmの刻印」なのである。
タナックコレクターの方(いるのか?)はご存知だと思うが、タナックは
10cmと13.5cmはあるが8.5cmは無いのである。
ということは・・・「幻の8.5cmのレンズ」があるのかもしれない。
そういう想像をしているとワクワクする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.06

LeicaDIIとヘクトールとビドム

何もやっていなかったのか?と言われそうだが・・・

実は大変であった(仕事ではない)

私に唯一の家族、チョコ君に右手をガブっと噛まれて・・手のひらに
大きな穴が開いて血がダラダラと・・・
これだけでも大変なのであるが、その日の午後から高熱と右手が
痺れて動きが悪くなり・・・
夜にはついに38度を超える熱が出た。

翌日、市民病院で検査の結果「リンパ系に雑菌が入って炎症を起こしてます」
え? そんな大変なことに?

結局、3日ほど発熱と右手が痛くて使えなくなった。
1週間抗生物質を飲み、手が不自由なのに耐えた結果、狂犬病でも
破傷風でもないということで、ようやく70%回復。
まったく、歳を取ると抵抗力がここまで低下するのか。

このままでは人間がダメになる!(もうなってるから)
復活のため、「景気付けにず~っと欲しかったものを買うぜ!」となった。

Thu4_20170706
 20年間、買えずに悶々としていたもの

ず~っと欲しかった「ある意味まっと~なもの」を買うことにした。
 ・Hektor73F1.9
 ・Leice DII

う~む、なんというまともな買い物。
まとも過ぎて優先順位が上がらない・・のは私らしい。
とはいえ、20年かい?

こういうアイテムは「買っただけですぐには使えない」のである。
ヘクトール73F1.9はフードが無かった(CANONの42φを改造して調達)し、
DIIは耳(吊環)がないので皮ケースを修理して・・と手間である。
この時点で右手はまだ痛いし力が入らないのに。

それよりも困ったのは「ヘクトールのファインダー」である。
コレクターズアイテムでありながら、実は結構撮影にも使われる
ヘクトール73F1.9であるが、このレンズ「ファインダーが無い」の
である。
対応しているのは、鉄砲ビドムと超レアアイテムの単体ファインダーで
あるが、鉄砲ビドムは左右逆像なのでちょっと・・である。
で、結局、正像ビドムを「この辺りだろう」とセットして使うことになる。
(注:α7で像を確認して設定位置を決めた)

皮ケース、ヘクトール、ビドム・・・全部組み合わせとカッコイイ!

しかし、使いこなすのは猛烈な慣れが必要だ。
とりあえずは撮影してみる(猛暑なのに)
それにしても右手がまだ思うように動かないのだが。

Thu5_20170706
 Hektor73F1.9 絞り解放

あじさい寺で撮影。
これは珍しく構図が決まった。
背景のボケ味が素晴らしい(そこか)

さて、次は「お決まりのロマンスカー」である。

Thu6_20170706
 Hektor73F1.9 F=1:6,3

Thu7_20170706
 Hektor73F1.9 F=1:6,3 これはかなり悲しい

こちらはビドムのパララックス補正に失敗(涙)
というか、α7で確認した画角も・・・だったようだ(絶句)
ただし、ヘクトールの描写そのものはいい感じだ(唯一の救い)

ということで、まだまだ修行である(ち~ん)

Thu8_20170706
 DIIを手にして気が付いたこと

DIIを品定めしていたときに「あれ?文字が銀色に浮き上がりますね」と
いう話をしたところ、「ああ、この時代はニッケルで文字埋めているから」
とのことだった。
う~む、それって象嵌のようなものなのか?
なんという凝った仕様!
他にも、シャッターダイヤルが15φの大径(これも知らなかった)だったり
と、初めて気が付いたことが多い。
(このカメラは初期ロット)

それにしても・・・暑い・・蒸し暑い・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.11

ハッセル1000Fとローライフレックス

Sun5_20170611
 10年以上使っていなかった中版カメラ達

「10年以上使っていなかった」中版カメラ達。
ブロニカDxの結果がいいので撮影してみることにした。
ちゃんと動くのだろうか?」と少し心配である。

撮影はそれなりだったのだが、なにせブローニー版の現像は時間がかかる。
ということで、1週間待ちになってしまった。

まずはハッセル1000Fの結果から。

Sat7_20170617
 Tessar80F2.8 F=1:5,6

このテッサー、凄く寄れるのが楽しい。

Sat8_20170617
 Tessar80F2.8 F=1:5,6

このカメラはレリーズが重いので動くものを撮影するのはちょっと
苦労した。
ダメかも? と思った割りにはしっかりと写っていた。

次はローライフレックスである。

Sat5_20170617
 Tessar75F3.5 絞り解放

2眼レフなので寄りはこんな感じである。
ハッセルの80mmと比較すると、75mmは広角感がある?

Sat6_20170617
 Tessar75F3.5 F=1:5,6

う~ん、ちょっと被写界深度を読み間違えたか?
前頭部が少しピンぼけ。

慣れない機材なので使いこなせていないものの、銀塩撮影は楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧