鉄道模型(鉄道模型社)

2016.07.18

鉄道模型社ベースのEB電機の工作

この3連休、雨天になりそうでならなかった。
水不足が心配である。

そろそろレイアウト工作、特に路面電車(もちろん架線集電)に戻りたい
のであるが「何か忘れている」のが気になっていた。

う~む・・・・あ! 思い出した!!

Mon3_20160718
 気にかかっていたもの、それは「鉄模社系EB電機」

ず~っと気になっていたもの、それは「作りかけのEB電機」で
あった。
それは「なんらかの形で鉄道模型社と関係があるもの」なのであった。
これを置いて先に進めない・・ということで、まずはED56の運転室部を
使った(機械室は新規に作成する力の入りよう)EB56の工作をする。
(注:残りの部分?はED23になってます(こちらも未完))

しかし・・・この手間のかかりよう・・・「この情熱と時間をスケールモデル
に使えば2両くらい完成するのでは?」と思うことがある。
しかし、そうではない。
モデラーは「理屈ではない」のである(そうなのか?)。
「表現したいもの、形にしたいもの」を実現することこそが、キモなので
ある(やや言い訳くさい・・)

オークションでこのために落札したEB10の台車枠を試しに取り付けて
みると、ED56の「ちょっとステップのある雰囲気」に似ている。
なにかこういい感じなので、このまま装着する方向でボディ側に
取り付け台を付けた。

Mon4_20160718
 もっと問題のEB54、オークションで落札して鉄模社の・・・

さて、問題はEB54である。
この機関車、ムリを言って譲ってもらって輸出用蒸気の20φの
動輪を加工して作った動力装置(テストそのものは完了)のボディを
作らないと・・・と思って何年も・・(遠い目)
そんなとき、オークションで鉄模社ED54の機械室部のみを落札し
「いつの日かこの部品を使って(猛烈に遠い目)」と思って、これまた
何年も・・・
このことが気になったままにしては、次の工作が出来ない!
思い切ってカットして使うことにする。

Mon5_20160718
 ボディを輪切りにして、運転室部は新規作成!

まずはじ~~~~~っとボディを眺め、カットするポイントを
見定める。
スケール機であれば「実物資料を参考」に出来るのだが、自由形で
しかも「見た感じで実物を連想させる」というようにすることは、かなり
難しいことである。

大昔に、EB電機シリーズを作った(で、TMSに掲載)ときのことなので
あるが、あの車両は「ボディをカットして寸詰め」したものはない。
「いかにそのイメージした車両の雰囲気」をデザインしたのである。
私は、「模型とは実物の図面に縮尺をかけて作るのではない」と
思っている(注:個人の感想です)。
実物っぽく表現するため「デザイン(あるいはデフォルメ)する」という
遊びだと思っている。
100歩譲って「スケールモデル」は縮尺してもなんとかなるが、
EB電機のように「どうやってもデフォルメしないといけない」ものは
自分のアイデア勝負になってくる。
しかも、鉄道模型社のボディを切り接ぐのは容易ではない。
断面が各所で違うからである(呆然)
これを乗り越えて「鉄道模型社スピリッツを自由型にある」のは
モデラー魂に訴えるものがある。

Mon6_20160718
 ほぼ工作を終わり、「B型標準」の10cmにまとめる

なんだかんだと面倒な工作をして、最後は「ウチのB型標準」の
長さに整える。
これが実は難しいのだ。
当てずっぽうにやっているようでいて、実は「やっぱり当てずっぽう」に
やりながら、最後は「B型標準の10cmにする」というのは、高度な
カンピュータ計算無くしては出来ないのだ。
(注:なんだそれ?)

庇を前後で3.5mmカットして10cmにまとめる。
ここまでのカット/新規部品/繋ぎを、いい加減にやっているようで
実はいい加減でも「最後に狙い通りになる」ようにするのが、モデラー魂
なんだと思うのである(注:個人の感想です)。

Mon7_20160718
 なんとなくそれっぽくなったが・・ここからが大変

パンタを仮付けして、今日はここまで。
う~ん、ここからが大変である。
軸距をカツミのEB電機に合わせて(注:元が牽引力測定用なので)
いるので、実物のED54のブッフリ式とは違うので、「フリーモデルの
センスでアレンジ」しないと足回りはそれっぽくならない。
他にも、短めのデッキ部などもアレンジしないといけないだろう。

しかし、「それが楽しい」のである。
模型作りというのは「実物寸法に単に縮尺をかけるのではなく、
モデラーとしてのアレンジを加えて”表現をする”もの」だからで
ある(注:個人の感想です)。

といいつつ、そろそろ路面電車のレイアウト(とそれに関連した車両工作)
が気になる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016.07.10

京福テキ512(鉄模社 EC40改) (3)

今日は晴れ。
そうなると、洗濯や布団干しなどで忙しい。
それに、選挙もあった。
(要するにに”言い訳”)

さて、そろそろレイアウト工作に戻りたい。
しかし、「ある程度けじめ」を付けないといけない。
ということで、鉄道模型社の京福テキ512である。

Sun4_20160710
 デッキは着脱式である

色々と考えた結果、デッキは着脱式とした。
もう何年・・・デッキを作らなかったかと(遠い目)
久々に作成したら、結構手間取った。

Sun5_20160710
 パンタを仮止めすると、なにかこういい感じ

デッキが出来たので、パンタを仮止めしてみた。
う~ん、いい感じである。

鉄道模型社のアプト式が3形式、揃ってみると気分がいい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016.07.03

鉄道模型社 ED41を組む(4)

猛暑である。
暑いのが苦手なので・・・1日ヘバったりしたが、どうにか復活して工作開始。

Sun2_20160703
 サボっていたもう片方の台車を動力化する

まずはもう片方の台車を動力化する。
といいつつ「モータは後でつけるか・・(遠い目)ということで、その前段階まで
工作を進めた。
方法は判っているので、スムーズに工作は進んだ。

Sun3_20160703
 1x3x1のチャンネル材で台枠を作る

続いては、1x3x1のチャンネル材を使って台枠表現である。
リブを付けるのは、モデル8のセラで慣れた「スリット部に板材を差し込む」
方法でサクっと進んだ。
こんなところで、過去の経験が生かせるのか・・と満足感高し。

Sun4_20160703
 パンタを仮止めして全体の雰囲気を見る

先日修理した天賞堂ED42のパンタ(注:部品取り用ボディ)を仮止め
して全体の雰囲気を見る。
う~ん・・・ボディ下が1mm高いかも?
とはいえ、一応形になった。

Sun5_20160703
 鉄道模型社 アプト機がずらり・・と

ということで、まあそれなりの形になった「鉄道模型社のアプト機」で
ある。
ちょっと満足感高し。

ということで(なにが?) そろそろレイアウト関係に戻ろうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016.06.26

鉄道模型社 ED41を組む(3)

最近、疲労気味である。
季節の変わり目?とも思ったので、この週末は休養に専念することにした。
と言いつつ・・・ちょっと工作。

Sun3_20160626
 ボルスターを作る

これを作らないと先に進めないので、ボルスターを作成した。
当てずっぽうに作るので、2度ほど作り直したが、なんとかいい感じになった。
台車側にモータを固定して大丈夫か?と心配であったが、こうやって確認する
と大丈夫であることが判った。

Sun4_20160626
 台車固定の参考にしたED42と並べる

スケール寸法・・・はさっぱり?? というか、ぜんぜん気にしていない
(いい加減)ので、天賞堂の「部品取り用のED42」と並べて感じを確認する。
ED41の方が気持ちボディが小柄だというので、こんなものだろう。

Sun5_20160626
 これまた部品取りのED42のパンタを修理する

かなり前に「ED41の部品取り」として購入した壊れたED42のパンタを・・
あれ?壊れているじゃん(呆然)
う~む、これでは「楽して部品取り」の計画が・・
結果的に、結構苦労して修理した。

それにしても・・・暑い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.19

鉄道模型社 ED41を組む(2)

蒸し暑い・・・梅雨がやってきた?

さて、鉄道模型社ED41の工作の続きである。

Sun3_20160619
 まずは「謎の仕切り板」をカットする

先週に台車の動力化を試みたので、今週はボディである。
まずは、「なぜに仕切り板」をカットする。
もっとも、この「仕切り板のようなもの」は、天賞堂のED42にもあるので
鉄道模型社を責めることは出来ない(やさしさ?)

色々考えたが、グチャっとボディを握りつぶさないように慎重にカットした。
それにしても・・・カットしてみるとエッチングの腐食がまだらで・・(寛容)

Sun4_20160619
 前部側面に補強を入れ、網を貼り、また補強・・

まずは前部裾部分にt0.5の1.5mm帯板を曲げたものを貼って補強。
続いては、発掘した網をハサミでカットして、裾に慎重にハンダを流して
から、車体にハンダ付けする。
その後、裾部にt0.3の1mm洋白帯板を貼ってさらに補強をする。
この作業、網をハンダで塞がないように慎重に行う。
(といいつつ、ちょっとハンダが・・(涙))
最後に、床板固定部を前後に取り付ける。

Sun5_20160619
 前部屋根を貼る

なんだかんだと確認してから、前部屋根板を貼る。
それなりに大変であった。
う~む・・・ちょっと庇が少なくないか?(ま、いいか)
クレンザーで洗浄すると・・おお、きれい。
天賞堂ED42(部品取り用ボディ)と比較すると、ED41カッチョイイ。

Sun6_20160619
 床板を作り、台車の固定を検討する

今日は他にも用事があり、床板を作ったところで時間切れとなった。
各台車モータなので、切欠け部が大きくなってしまった。
ボルスター/センタピン をどうするのか? 悩ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.12

鉄道模型社 ED41を組む(1)

暑い・・・
こんなときは、涼を求めてあじさい撮影である。

Rotelar_20160612
 Rotelar135F4(絞り解放)

山道を登って・・・ブロニカDxと東急カメラ市で購入したローデン玉での
撮影である。
暑い・・・
帰宅してから、2時間ほどヘバった(歳なんです(涙))

さて、模型工作である。
今日もまたまた「試練の道」である(スポコンなのか!)

Sun10_20160612
 試練は続く・・・鉄模社ED41の動力化・・って、え?これ??

ココロ残りの模型を片付けるシリーズは、鉄道模型社ED41で
ある。
さて、動力化・・・は?
10mm幅の台枠に補正というか、絶縁というか・・・で・・え?
「なんで3枚なの?(絶句)」
これでは、動輪の軸が中心にちゃんと来ないじゃん・・・

やはり「鉄道模型社の真骨頂(きら~ん)」が爆裂である。

仕方がないので、ワッシャは2枚にして、台枠にt0.6の真鍮板を
2枚両側に足して動作確認。
意外だったのが、ロッドの修正は「ちょっとヤスっただけ」で済んだことで
ある。
案外、このロッド(エッチング板x2枚貼り重ね・・(なんでメッキ?))は
精度が高い。
鉄道模型社、「こういう肩透かし(ちゃんとしている)」をするから、油断が
出来ない(恐るべし!)

Sun11_20160612
 KDカプラー取り付け、スコッチヨーク部加工など・・・

さて、ED41らしい部分の工作である。
 ・K&Dカプラー取り付けのための端梁部の切り抜き
 ・スコッチヨークカバー部の取り付け加工(2㎜幅帯板+ネジ止め)
 ・台枠加工(IMONミニモータ取り付けのため2mm下げる など)
 ・動輪抑え板加工
などなど、結構苦労した。

Sun12_20160612
 ギアボックス部をセンターピン受けにする・・・と

さらにIMONミニのモータブラケットを作り、センターピン受け兼カバー
を作って今日はここまで。

午前中の撮影疲れで、模型工作時間が不足して片側で終わり。

これでココロ残り車両(鉄道模型社)がさらに減った。
こうやって攻略を進めることで、ボスキャラ(阿里山シェイ)攻略への
道が一歩一歩と・・・近づくのである(遠い目)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016.06.11

鉄道模型社3920の動力化

今日はいい天気。
ちょっと散歩をした後で、懸案の鉄模社3920の動力化を行う。

Sat10_20160611
 リジットタイプながらモータは吊掛式にする

さて、14年ぶりに「動力化」である。
軸バネでもなくイコライザでもないリジットタイプの足回りながら、
モータは吊掛式とした。
これは、以下の理由による。
 ・台枠を変えずに動力を組み込むことが出来る。
 ・モータ側に伝わった振動を台枠側に伝えないように出来る。
特に後者は「ロッド式機関車の騒音の元になっている」と思われるので
この方式を標準にしていきたいと思っているからである。
モータはもちろんIMONミニである。
今回の動力化も、このモータがあったからヤル気になった。

吊掛式の取り付け部を作る前にちょっと笑ってしまうことがあった。
台枠と動輪の絶縁強化を行っていた(プラ板を貼る)のだが、なぜか
どうやってもショートしてしまう。
なんで?・・・・あれ?
なんと!第二動輪が絶縁側が逆になっている!(絶句)

じゃあ、逆に付け直せばいいではないか?という人は「蒸気機関車の
模型を知らない人」である。
動輪をひっくり返すと、バルブギアクランクが逆向きになってしまうので
ある。
仕方なく、ハンダこてでクランクを緩めて、爪でピユッと押して角度を
180度近く回すのである。
ああ、なんというローテクな方法!

さて、なんだかんだとあって、画像のような吊掛モータのブラケットが
出来た。

Sat11_20160611
 集電シューを付け、ここからが「調整の連続」

あとは出来た吊掛モータを付けては調整をして、ああ、動かないと
なればまた調整して・・・気が遠くなるような作業である。
ダルマヤのモジュール0.3のギアを使うと、おのずと調整がシビアに
なる・・・ああ、辛い。
こんなことなら、普通にカツミの14:1を使う(減速を入れる)ように
すれば良かったのに・・と反省しても遅い。
2時間近く、あっち切ったり、こっち削ったり・・でどうにか動くように
なった。
上回り:47g 下回り:72g ここからウェイトを搭載して・・・と調整を
繰り返さないといけない。
まあ、とはいえ動くようになったので満足である。

Sat12_20160611
 ここまで来て「あれ?先台車って??」

まあ、ここからは気長にやるか?と思ってハタと気が付いた。
「そういえば、先台車の車輪が見当たらないぞ?」
この3920型であるが、「一応鉄道模型社完成品」なのである。
その割には、先輪が無かったのである。
というとこは「もともと無かったのか?」

う~む、謎である。
まあ、無くてもいいか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.05

京福テキ512(鉄模社 EC40改) (2)

今朝は雨。

なんだかんだで模型工作開始が遅れてしまった。
今日は京福テキ512(鉄模社 EC40改) に動力を組み込むのである。

Sun10_20160605
 「イライラするくらいの低速」にするための動力装置

鉄道模型社のEC40は「普通に縦型モータを入れる」方式である。
私は「鉄道模型社ファン」である。
その通りにしても「マニアだから良し」なのであるが、反面「アプト式の
イライラする超低速」にしてみたい、という気持ちもある。
結果として、台枠は鉄模社の取り付け部のままにして、2段減速の
動力装置を作った。
動輪側は13:1で、その上で16:2で減速している。
パイプを通してウォーム軸を通すやり方は、United合同のクライマックスの
方式に近いやり方にした(判る人は少ない)。

Sun11_20160605
 集電ブラシを第一・二動輪にかける

集電ブラシを付けないと走行させられない(当たり前)
意外にスペースがないEC40の車体なので、結構悩んだ結果、
第一・二動輪に集電ブラシをかけた。
シューはもちろんベリリウム銅(t0.1)である。

Sun13_20160605
 ウェイトを載せて走行テストをする

これで走行可能になった。
 上回り : 33g
 下回り : 133g (うち、ウェイトが62g)
走らせてみると・・・最初はすごい不調でときどき停止(う~ん)
なんだかんだと調整すると、「イライラするほどの低速」で走行するのだが
音がやや煩い。
縦型モータを付ける台に減速装置付きのモータを取り付けているから
なのだろうか?
まだまだ調整が必要である。

Sun14_20160605
 EC40の工作をしていて思い出した!

さて、EC40=>京福テキ512の工作をしていて思い出した。
「そういえば、ウチには鉄模社 3920があったな(遠い目)」

この車両、EBに「未塗装完成」として委託品になっていたのであるが
鉄模社の「完成品」であるから、「置いておくだけで風化分解」をする
という運命にあった。
ウチに保護した段階で「ほぼ分解状態」であった。

模型日誌を確認すると、以下のような履歴であった。
鉄道模型社 3920
 購入 2002.1.11
 上回り補修 1.14
 下回り改修 1.19
動輪はリジットでサイドロットも3軸連結で、カーブ通過に疑問があったので
「作り直しかなぁ??」ということで14年間放置していた。
それと、若干ロットが引っかかるので「どうしたもんじゃろのぉ」となっていた
のであるが、今回動輪の軸に注油したらあっさりと解決(唖然)
こうなったら、こちらも動くようにしよう。

ちなみに、EC40(京福テキ512)の履歴。
 改造着手 2007.12.2
こちらの方が「若手」であった(そこか)

近年では小型・高性能のモータが廉価に入手できるようになったので、
この手のロコの動力化が容易になった。
うれしい限りである。

追伸 2016.6.6

3820を見ていると、「もっとスタイルの良い3900(エスリンゲン)」が
欲しくなってくる。
実はそのキットを持っているのだが・・

Mon5_20160606
 で、そのキットがこれ・・・なのだが・・・・

さて、その3900のキットである。
どう見ても「エッチング板と??な挽き物パーツの集まり」である(ち~ん)
私の「鉄道模型社製品の魅力」は「出来がよかろうと悪かろうと”使ってみたくなる
部品”があること」なのである。
その最たるものがED54の「軸距とぜんぜん合っていないブーフリ大歯車の
ロストパーツ(笑)」である。
悲しいことに、3900のキットにはそれがあるような気がしない。

Mon4_20160606
 それにしても「この大胆不敵な構造」

それはともかく、3900の構造はすごい。
箱を開けると「謎の真鍮角材を削ったもの」が出てくる。
は?と思うと・・・「え?これが台枠?(呆然)」
せっかくの見せ場の外側台枠が「謎の真鍮棒削りだし」とは・・・
これこそ大胆不敵! ある意味「鉄道模型社の真骨頂」と言えるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.29

京福テキ512(鉄模社 EC40改) (1)

この週末は曇ったり、ちょっと晴れたり。

色々とやることがあって、模型工作にあまり時間が取れない。

Sun2_20160529
 競作の気動車に超久々に台車を装着

TR29の塗装が終わったので、パワトラをチェックして台車を組む。
そこまでは簡単(当たり前?)なのだが、改造して装着していた
乗工社のTR29のパワトラ用の取り付けでは装着出来ないので
床板を改造した。
結構手間で、時間がかかった。
とはいえ、当たり前なのだが、組み終わると快調に走行した。

さて、いよいよ本命である。

今年は「気にかかる蒸気と貨車」をそれなりに形にすることにした
のだが、”友人に譲ってもらった気がかりな車両”があるのである。
それが「鉄道模型社EC40」である。
この車両、京福デキ512にする・・・という話で譲ってもらい・・・(遠い目)

もちろん気になっていたのである。
ということで、工作開始。
それだけでなく「なんといっても鉄道模型社製品」なのだ。

Sun3_20160529
 床板、台枠はいいとして・・・ロッドが失敗(涙)

腰が低くなるように台枠(鉄道模型社オリジナル)をあちこちカットして
床板に取り付ける。
ここまでは良かった。
ロッド・・・う~む、t0.6の洋白板がないなぁ。
仕方がないので、t0.5の洋白板をカットし、2.1φの穴でそれに合わせて
・・とやっていたのだが・・
だんだんと穴を広げ、2.4φにしたところで・・ブッツン(呆然)
ああ、細目にしたので切れてしまった。

結局、ただの板に2.4φの穴を開けてテストしたら大丈夫であった。
それはいいのだが、ここで時間切れ。

ああ、もっと模型工作をする時間が欲しい。

追伸 2016.5.31

Tue1_20160531
 とりあえず1本切り出した

t0.6の洋白板をIMONさんに買いに行ったのだが「t0.4までです」とのこと。
まあ、自分でロッドを切り出して・・という人なんかいないんだろうなぁ、
とすごすごと帰宅。
で、資材箱を探してみると、小さいながらもなんとか使えるt0.6の小片を
見つけたので、1本切り出してみた。
今度は最初から2.4φの穴を開けて始めたので無事作業終了。
取り付けてみるとちゃんと動く。

「たかがt0.1」がバカにならないものなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.20

必殺!修理人(2)

さて、鉄道模型社ED12の続きである。

Sun2_20151220
 先週組んだ台車を床板に付ける

先週、あと一歩だった最終組立てを行う。
台車を床板に付けるのだが、ウェイトは適切なタイプに変更し、非電動側の
台車はバネ入りのセンターピンに変更するので、結構手間である。

Sun3_20151220
 K&D5を付け、センターピンを入れる・・この苦労

鉄模社の”一応オリジナルと思われる構造”の場合、インサイドギアの
真ん中にデ~ンと太い棒があるのでセンターピンが猛烈に入らない。
仕方がないので、半分カットしたのだが、それでも短いバネ入りにした
のだから組みにくいことこの上ない。
さすがは鉄道模型社の製品である(にやり)
このくらいの歯ごたえがないと面白くない。
そう「鉄道模型社の製品は難易度が高くてこそ!」なのだ。
この刺激が心地よいのだ。

Sun4_20151220
 ということで、一応完成!

車体についても、塗装した完成ボディなのに床板が入らない!という
「やるようになったな、フッ」だったが、そんなものはどうにでもなる。
最後は、外れたデッキテスリとブレーキロッドを「塗装したまま」で
ハンダ付けして修理完了!

このED12は動輪の精度がいい(センターが出ている)ので、このまま
でもまあまあ良く走る。

ということで、なんとか16番の車両が1両完成した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)