鉄道模型(レイアウト)

2018.05.04

路面電車(勾配あり)のレイアウト(2)

新動力装置を量産したいのだが部品がないので断念。
地味にレイアウト工作を行う。

Fri4_20180504_2
 複線カーブのテスト(R180/R140 複線間隔40mm)

Fri5_20180504
 複線カーブのテスト(R190/R140 複線間隔50mm)

最終的には複線のレイアウトを作りたいのでカーブの複線間隔を
確認する。
40mmでは幅の狭い車両でも厳しいのだが、50mmであれば
阪国71と京福モボ202でもOKである。
こうして「同心円」のカーブを試すと、実物通りの「外カーブ広がり」
にしたくなるのだが・・
架線の張り方が難しくなるので、悩ましい。

Fri6_20180504
 シノハラY3ポイントを右ポイント改造

勾配ありレイアウトでのテストは「側線」である。
もうすぐ貴重なコレクション?になってしまう、シノハラY3ポイントを
曲げて右3番にするという改造を行った。
(注:いさみやの社長さんに教わった)

こういう地味な工作で1日が終わった(遠い目)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.05.02

路面電車(勾配あり)のレイアウト(1)

このところ模型ネタがご無沙汰である。
銀塩カメラで遊ぶことと、愛犬のチョコ君の健康問題などもあるのだが
最大の原因は「やりたい事が多くてどれからやればいいんだ?」である。

軽便だけでも、林鉄と電化線があったり、16番も路面電車が
中途半端な状態のままになっていたりする。
悩んでいても仕方がないので、路面電車から開始。

Romen1_20180502
 まずは「実験線」を確保しよう!

路面電車のレイアウトの取り組みで試していなもの。
 (1)勾配線
 (2)複線のレイアウト
 (3)分割台枠
検討だけは進めていたのだが、結局(1)がクリアされないと
先に進めないことが判った。
そうなると「実験線」が必要となる。
当初は(2)と抱き合わせのレイアウトにするつもりであったが、
「二兎を追う者は一兎をも得ず」のことわざもあるので、1つずつ
潰していく。
線路配置については、先に作成したナローの勾配線を元する。
少しでも経験があるものにする方が完成が早いからである。
カーブはR140、勾配は3%。
台枠サイズは400x800で、6mmx30mmの角材で枠を付けただけの
状態から開始し、進捗に合わせて梁を入れたり、途中をカットして
付けたしをする方法で進める。

Romen2_20180502
 道床幅は5cmで勾配を作っていく

路面電車だからもうちょっと幅があっても?と思ったのだが、
板の幅が大きすぎると急曲線の勾配を作るのは難しいので
5cm幅にした。

Romen3_20180502
 線路の敷設を完了 前作のネロー線と比較

もうすぐ貴重品になってしまうシノハラ#83のフレキを久々に敷設。
コツをすっかり忘れているので、あやうくフレキを1本ダメにしてしまう
ところだった。

とりあえず走行テスト可能になったので、前作のナロー線と比較。
実は同じ長さなのだが、置き方の問題で小さく見える。

Romen4_20180502
 走行テストを実施

かなりの工数を投入して、ようやく走行テストを実施。
予想はしていたのだが、こういう小さい=助走距離がないレイアウト
では、吊掛モータの車両は勾配を登るのがかなり厳しい。
単車はまだいいのだが、ボギー車(モータは2軸)は途中で止まると
空転してしまう。

やるべきことがまた増えてしまった(笑)

Romen5_20180502
 サボっていた「新動力装置」を作成

問題点が判れば、次は「対処」である。
今回の問題はなんとなく予感はしていたので、準備はしていたのだが
制作をサボっていた。
アルモデルの9.5φ用のギアを使って、吊掛モータを2個試作。
なにせ2個しかないので、どの車両に組み込んでテストするか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.01.15

試作レイアウトの改造

模型日誌を確認。
結果、昨年の10月末から模型工作をしていなかった(遠い目)

このままでは、ニンゲンがダメになるので模型工作を再開。

Romen1_20180115
 昨年作成したテスト用レイアウトを延長改造する

Romen2_20180115
 台枠延長は「小さなBOX型」を繋ぐ方式

Romen4_20180115
 線路と車両を置いて検討

Romen3_20180115
 リバース線のS字カーブはクッキーカッター式

Romen5_20180115
 確認の結果、Sカーブの勾配がきつすぎるのでさらに延長

Mon3_20180115
 勾配を登ったところのS字分岐部をブロック構造で作成

今回の改造で目指しているのは「各パートをブロック構造にして机の上
で作成する」である。
長年、路面電車の架線対応で架線の精度確保に苦労してきた。
そろそろ「精度を確保しつつ楽に工作する方法」を考えないといけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.11

林鉄&味噌汁軽便鉄道のレイアウト

ここ3週間ほど”模型工作をしていないのでは?”という風に見えていたが・・
実はやっていたのである。

Sun1_20161211
 軽便鉄道のレイアウト(電化と林鉄&味噌汁)

我が家にある軽便鉄道のレイアウトは以下の通り。
 ・超小型の修羅レイアウト
 ・ダージリン風レイアウト
 ・簡易軌道レイアウト(旧花巻電鉄風レイアウト)
 ・電化軽便鉄道
 ・林鉄&味噌汁軽便鉄道
う~む、どれが完成しているんだ?(驚愕の事実)
電化軽便鉄道は「架線(ポール&パンタ対応)という課題」があって
手間取ったが、林鉄&味噌汁軽便はなぜに今も??なんだろうか?

Sun4_20161211
 実は2週間ほど作業用軌道側のS字カーブと格闘

実は「もう完成しているぜ」と思っていた作業用軌道側のS字カーブで
シェイ(乗工社x2種、トーマのシェイI)が脱線して・・と格闘していた。
さんざん苦労して、Sカーブを緩和してなんとか対応した。
シーナリィはとっくの昔に出来ているので、こちら側はこれで完了。

Sun2_20161211
 問題は「味噌汁軽便側」である

片側が出来ても反対側は「単なる平原」である(ち~ん)
去年から「どうしたもんじゃろのぉ~」と試行錯誤したのはいいとして、
乗工社シェイとトーマのシェイIを走らせるとなぜか普通のカーブなのに
脱線したり反響音が出て煩い!(怒)

これはいかん!(今頃か!)

ということで、思い切った改造をすることにした。
年末までに駅が出来れば「門松を立てた駅の風景」で年始の撮影も
出来る。
台枠の角の部分を13mmほど上端をカットした。
こうすれば「蒸気機関車の足回りが撮影で見える」ようになる。
このレイアウトを作ったときに「失敗した」と思ったフレキシブルレールの
下に防音材を入れるのを忘れたのを補うために、角部分を大幅に補強
することで反響音を止めるとともに、音の伝わるベニヤ板を手前側を
カットすることで音源を断つ。

Sun3_20161211
 台枠を大幅に補強、引き込み線をまっすぐにする

コーナー部分を補強して防音効果を確認した。
万全とはいえないものの、結構いい感じである。
引き込み線(ここにホームを付ける)を敷いて、ダックスと木曽の
ボールドウィンのバック運転も確認した。
(注:ダックスはやはり従台車の構造を見直す必要がある)

今日はここまで。
年末までになんとか駅部分だけ出来れば(といっても、各機関車の
走行テストをしないといけないのだが)年末にはトーマのシェイIIの
工作を開始出来そうだ。
(というか、走行テストの場がないと車両だけ組んでも仕方がない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.06

電鉄ナローレイアウトの収納ケース

実はいろいろとあって、模型活動停滞中。

Sun7_20160306
 ダンボール箱を使ってレイアウト収納ケースを作成

ちょっと大きめのダンボール箱が手に入ってので、電鉄ナローレイアウトの
収納ケースを作成した。
これで、室内ではない収納場所にレイアウトを格納することが出来る。
もちろん「移動」も可能である。

このレイアウトを収納できるようになると、いよいよ「路面電車レイアウト」
も着工可能になる。

ああ、時間が欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.23

住宅供給は大変

週末だけとはいえ、3週間・・

Mon6_20151123
 この2日で3軒が形になった

M'sのキットを自分なりにアレンジでして、どうにか3軒を形にした。
ストラクチャは、案外ロコより難しい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015.11.08

レイアウトの建物工作は続く

お久しぶりでございます。

今年はなぜか風邪の当たり年(というのか?)のようで3回目の風邪で
しばし寝込み(今も咽喉の痛みが引かず)、そんなときに限って天井裏を
巨大クマネズミが走り回り、しかも物置兼工作室の天井の破れ目から
入っていく姿を目撃し・・・不調なのに高所作業をして穴を塞ぎ・・・
そんなことをやっているとさらに介護問題が・・・(不幸だ)

と、言い訳はこれくらいにして、模型工作である。

Sun2_20151108
 地味に建物2軒に仕上げをしていく

非電化ナロー線に建物を2軒持って行かれてしまい、電化ナロー線の
建物が不足して・・・(遠い目)
追加で建物を作るぞ!・・・と思うと、M'sのキットが入手出来なかったり
(最近、店頭在庫(自分が行く店)が無いなぁ)、手元のキットを組む
時間が無かったり・・
グチを言いながら、既に半完状態の2軒に手を入れて使えるようにする
努力は地味に続けていた。
「角の不動産屋」は、かなりの変化をしている。

Sun3_20151108
 とりあえず並べて調子を見る

とりあえず置いてみると「まあまあかな?」という感じである。
出来れば、もうちょっと建物を追加で作って、その中から選んで・・と
思うのだが、非電化ナロー線もあるし、年内にどこまで行けるか?
不安な雨の日であった(さらに遠い目)

追伸

Sun6_20151108
 まだまだ未着手なものがある

少しでも・・とちょっと工作をした。
それにしても・・・まだまだこんなに未着手のストラクチャーが・・・(遠い目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.17

樹木を植える+α

軽便祭りでいろいろなレイアウトを見て刺激を受けた。
その教訓を生かして、自分のレイアウトを完成させないと!

Sat4_20151017
 林鉄というか、作業用軌道(側)を生かすために木を植える

私は樹木作成がダメダメである。
(注:じゃあ、なにが得意?=>自分)

林鉄&味噌汁軽便鉄道のレイアウトをなんとかせんと・・・
樹木を植えないと・・・じゃあ、どう作るか?

半日考えた結果は「ワシには作れない!(絶望)」

ということで、アッサリと以前の作業用軌道レイアウト用に額縁屋さん
経由で購入した米国製品を植えることにした(達観)
う~ん、さすがは舶来品!いい感じである(ご~ん)

さて、次は電化ナロー線である。

Sat3_20151017
 こちらも市販の樹木に交換(さらに追加)

こちらは「え~、これぇ?」の自作樹木を仮に植えてあった。
当然「コレジャナイ感」である。

考えた結果、こちらもやはり市販品(米国製品)で、林鉄用とは違う
仕様(幹が細くて長い)のものに交換、さらに田んぼのところにも追加で
植樹した。
こちらについては、まばらに植えて、平地部は幹が長いものにしてある。

私はヘッポコモデラーなので、レイアウト工作に関しては「割り切りが大事」
ということを、改めて実感した。
(注:あくまで私個人の感想です)

追伸 2015.10.18

Sun4_20151018
 路面電車のレイアウトには「伝統の建築物」

電化ナローレイアウトで使っている建物を2軒、味噌汁軽便に持って行く
ために、作成中の建物(M'sのあらもの屋と不動産屋)を加工して
使うことにした。

となると・・やはりこの「四つ角の家」なのである。
新規作成・・・とも思ったが、今回は改造で行くことにした。
こういう”こだわり”は模型製作に大事だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.12

味噌汁軽便+林鉄レイアウト再開

電化ナローレイアウトも再開したので、こちらも再開である。
こちらも「コレジャナイ感」に悩んでいたのだ。

Mon4_20151012
 一見「これでいいじゃん」の風景

このレイアウトは作業用軌道(林鉄)/味噌汁軽便を目指している。
作業用軌道はまあまあである。
あとは木を植えるかな?という段階まで来た。

問題は味噌汁軽便(普通の田舎風景)である。
こちら側は、待避線というか、引き込み線というかがある。
ここに試しに林鉄関係の車両を置いてみると・・・

おお!林業関係者の作業場の駐泊地風景じゃないか!

・・・・お~い! =>自分
これがやりたかったのかい?(涙)
コレジャナイんだよぉ~、これじゃぁ・・・

Mon3_20151012
 ”日本の原風景” 田園にしてみるか・・・

どうしたらいいか?
試しに人工芝を置いて「田園風景」をイメージしてみる。

う~ん・・・これがやりたかった・・・のではない・・・と思うなぁ。

Mon5_20151012
 まずは駅からイメージチェンジしてみる

さんざん考えて「まずは駅とホームを工夫していみよう」ということ
になった。
引き込み線を思い切ってホームで覆って残りを手荷物用貨車の
置き場所にして、駅舎をその上に載せてみた。

おお、それなりにいいじゃないか!
このホーム兼駅舎の土台?は着脱式なので、いつでも林鉄の
駐泊所に戻せるし(なんか、思い切りが悪い私)

Mon6_20151012
 とりあえず「駅前のちょっとした集落」にする

ということで、こんなイメージで進めることにした。
建物は電鉄ナローレイアウトから借用しているので、ストラクチャを
せっせと作るか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.11

電化ナローレイアウト再開!

軽便祭りから1週間である(遠い目)
いい刺激をもらったので、「次は自分の模型工作を」である。

Sun3_20151011
 悩んでいた「電化ナローの架線高さ」

かなり前に、電化ナロー線の架線高さを60mm=>55mmに変更する話をした。
結果として、草軽デキが走行出来なくなり、かなり遠い目になった。

ああ、これで良かったのか・・・
とはいえ、アルモデルのパンタを使うとどうしても55mmなのである。
この悩みは「架線対応した人にしか判らない悩み」なのだ。
孤独感を感じる一瞬である。

さて、その解決策は軽便祭りで購入した「軽便讃歌V」であった。

Sun4_20151011
 ある決断をして、架線高さを60mmに戻す

祭りからの帰りに、軽便讃歌Vを見て・・・「こ、これだ!(きら~ん)」
23ページの「パンタの大きい電車」である。
軽便の電車、なんとまあ高々とパンタを上げ、高い台に載せていることか・・
考えてみると、車両は小さくても”人間の大きさは変わらない”のであるから、
架線の高さはある程度高くないと危険である。
そのため、軽便の車両は車体サイズに似合わないパンタを、しかも16番なら
(なんのこっちゃ)”オーバースケール”と言われそうな高々と上がった
パンタの車両・・・

で、決断した。
「アルのパンタを改造して高くしよう!(しゃき~ん)」

改造は簡単である。
パンタ枠が台枠部に当る部分をウ~ヤ~タ~!(古い!)と指にグニっと
曲げるだけである。
なんだかんだと騙しながら曲げて改造完了。

やってみれば簡単である。
これでパンタ車両と草軽デキの共存完了!
ああ、スッキリした。

この勢いで、三重交通のデハを2両改造!
これで、ウチの電化ナロー車両は全車架線対応を完了!!
(注:草軽デキは「結果的に大丈夫」なだけです)

それで思い出したことがある。
1992年くらいに架線対応の路面電車レイアウト「長尾軌道」を作るときに
架線の高さをどうするか?と悩んだことがある。
当時(今もそうかもしれないが)、HOと16番では「架線高を70mmにするか?
60mmにするか?」という話があった。
(注:人と話していてのことなので、出展は不明)
結局、やってみないと判らないので「じゃ、中間にするか」となったのだが
後でレイアウト全書の「瑞穂電気軌道」の記事を読みい返してみると
65mmになっていた。
こういう偶然ってあるのだな・・と(遠い目)

ならば軽便なら気持ち低くして・・と60mmにしたのであるが、これも
あれこれと悩んだ挙句「なんだ、もともと結果が出ていたのか」という
内容だったのかと感じた。

Sun5_20151011
 架線柱、架線を改造して、花巻デハの走行確認

架線高さを60mmにしたついでに、パンタ対応(草軽デキも含む)のために
架線位置をカーブ内側に3mmほど寄せた。
ポールの車両はあまり関係ないものの、一応通過を確認。
(注:実際は架線の分岐部に影響が出る)

このようなことは、”架線を張った人にしか判らない悩み”である。

これも思い出話になってしまうが、私が架線対応をやり始めたきっかけは
DCCを導入して架線対応すれば、何両走らせてもギャップとフィーダを
意識しないで済む!というところが出発点になっている。
そこで「参考になるTMSの記事は?」となるのであるが・・・
まさか、瑞穂電気軌道と同じには・・・と悩んだ挙句、簡便かつ着脱式の
今の方式になった経過がある。

今考えると「ず~ず~しいにも程がある」のだが、若気の至りで、瑞穂電気
軌道の二井林さんに長尾軌道を見て頂く機会を得て、あれこれとお話を
させて頂いた(考えてみると幸福である)。
そのときに「ムさん、最初に”ポールとパンタの共存”と言っていたのに
諦めましたね(笑)」という話になり「いや、いつか実現しますから」と
冷や汗ものでお約束してから、実に20年以上かかって約束を果たした
ことになる。
そう思うと感慨深い。

Sun6_20151011
 やれやれ、草軽デハ用に専用レイアウトを作らずに済んだ

草軽デキを走らせてみる。
乗工社のオリジナルのままのパンタでそれなりに走行(笑)
この程度の架線でも張ってあると「電鉄だなぁ」という感じになる。

Sun7_20151011
 三重交通デハの走行を確認して今日の工作を完了!

三重交通のデハx2両についても、アルモデルのパンタに交換した。
「架線対応は実感よりも”標準化した安定して動作するパンタ”がいい」
というのも、架線付きレイアウトをやらないと判ってもらえない。

ということで、これで我が家の電鉄ナローが全て架線対応したことが確認
出来た。
架線付きレイアウトは”設備と車両と両方の対応が必要”なので、
面倒だなぁ・・・と思うのだが、動作するようになると嬉しい。

電鉄軽便ナローでは、車両側もレイアウトも新しいことをやっている
ので悩みも多く、何度も「もう止めるか」と思ったことがある。

そんな折、軽便祭りで電鉄系や非電化線でもレイアウトをいっぱい見る
ことでいい刺激をもらった。

その後、一週間考えてみた。
「納得がいくものに作り直す」という案もあった。
しかし、いろいろと検討した結論は「継続」である。
それは”架線対応しているレイアウトを作る労力は大変」だからである。
線路を敷設する苦労に加えて「空中に浮かんだ状態の線路を設置」
のと同じ手間がかかるので、最初からやり直すとまた何年もかかって
しまうのである。
多少の不満は克服して、今あるものを生かして”良いところと悪いところ
を明確にして解決していくべき」なのである。

こういうことも、「他の方の優れたレイアウト」を見たからこそ判断出来る
ことなのである。
やはり、軽便祭りは素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧