路面電車

2019.06.22

路面電車の新レイアウト(5)

路面電車の複線レイアウトの敷石をどうするか?
実は地味にあれこれ試していた。
Romen1_20190622
色々と考えたのだが、結局「ボール紙にケガキを入れる」という
これまでにもそうしてきた方式になった。
カーブがR140は初めてなので、治具は新規作成である。
ボール紙の厚さや敷石の間隔を決めるのに時間がかかった。
Romen2_20190622
敷石の表現?をどうするか?
石っぽいザラっとした表面、材質(花崗岩?)を考えながら、
あれこれと試作。
最初は灰を撒いて塗装、次はパウダー・・・とやったものの
結局は以下の方法になった。
・白、灰色、黒のスプレーを雑に拭いてザラっとさせる
・リキテックスの白を布の拭くようにしてスリ混み、
 テッシュで拭き取る。
・ウェザリングは適宜擦りこむ
画像では右端上のものである。
Romen3_20190622
試作品をカットして架線テスト台枠に設置。
道路の表現についてもテスト開始。
タミヤの「道路色」のテストも兼ねている。
(まだ固まっていないので仕上げはこれから)
Romen4_20190622
レイアウトの1/4分の敷石の準備を完了。
仮置きして調子を見る。
建物を置いてみて、道路幅を決めたうえで取り付けと
道路/地面の表現を行うことになる。
追伸 2019.6.23
Sun2_20190623
今回の工作のためにスプレー缶を発掘したところ、スエード調塗料が
出て来た。
かなり昔に評価した結果「不採用」になったのだが、ちゃんと
記録していなかったので理由が判らない(アホ!=>自分)
どうにかスプレーが使えたので使用した結果は以下の通り。
・塗装面はいい感じ
・目地を際立たせようとリキテックスを塗ると、食いつき?が
 良くない。
なるほど、こんな理由だったのか。
(ちょっと工夫すれば良くなるかもしれない)
Sun3_20190623
ちなみに、今回試作しものはこんな感じ。

| | コメント (1)

2019.06.18

電化ナローレイアウトの架線改修

路面電車(複線)レイアウトでの試行錯誤の結果を取り入れて
すっかり停滞していた電化ナローレイアウトの改修を実施。
Romen1_20190618
もはや「見慣れた(飽きた?)風景」
田園風景はほぼ出来ているのに、交換線側の架線システムを
改善したい=>いい案がない、の悪循環で停滞していたのだが、
ポイント部の架線柱(ハンガータイプ)とクロススパンを
交換してある。
Romen2_20190618
元々が「花巻風レイアウト」なので、ポールの車両に対応する
ために分岐部分をどう「正確な位置」に置くか?が課題で
あった。
今まではメッセンジャーを使い、引っ張って調整していたの
だが、それでは「脱着式架線/柱」のメリットが出ない。
今回、以下の改良を行った。
・ポイント側の架線柱を20mmポイント側に移設
・分岐部のポイント側架線を少し補強
上記対応の結果、架線を少し調整するだけで正確な位置に
分岐部を置くことが可能になった。
気が付けば「なんだ、そんなことか」なのだが、そこに到る
までの試行錯誤に時間がかかった。
Romen3_20190618
クロススパンについては、複線レイアウトで作成した先端部が
ネジで脱着可能な架線柱に交換した。
この改良の結果、架線脱着が楽になり、保線も簡単に行えるように
なった。
Romen4_20190618
架線システムの問題は無くなったので、集電装置のチェックのために
試験用台枠を作成した。
このレイアウトを作る際に「架線高をどうするか?」の悩みが
あったのだが、ポールとの共存のために60mmにした結果、
パンタグラフの車両で「少し高すぎるのでは?」とは思っていた。
その時点で対応(パンタ台を付けるなど)したのだが、こうして
みるとやはり高さの不足が感じられる。

| | コメント (0)

2019.06.09

路面電車の新レイアウト(4)

関東は梅雨入り。
暑いかと思ったら寒くなり、風邪をひきそうである。
それはともかくとして、勾配のある路面電車テストレイアウトの
続きである。

Sun2_20190609

架線柱を大量に作るとき、パイプに穴(何本も)を開けるのは
手間である。
治具を作成することで少し楽になった。

Sun3_20190609

先日作成した架線柱台座を設置。
同時にハンガータイプの架線柱を量産した。
先に作成した”ネジ止め式”の架線柱台座に続いて、「上から
差し込むだけ」のタイプ(網戸のゴムとハトメを使用)を
台枠に取り付け。

Sun4_20190609

このレイアウトからは、使用するジョイントをシノハラ(#60)
からPECOのN用に変更した。
架線のジョイント部は洋白1.0x0.4帯板を使用するのだが、
ジョイントをレールを加工した治具を使って調整する必要が
あることが判った。
新しいことをしようとすると、問題点が次々と発生する。
試行錯誤して乗り越えていくことに楽しさがある?
追伸 2019.6.10
Mon3_20190610
ようやく架線設置完了。
これで「集電装置に押された状態での登坂性能」を確認出来る。
Mon4_20190610
実際に集電可能な装置を装着すると、平坦線でもかなりの抵抗がある。
以前(10年以上前)、エコーさんで購入したビューゲルを
使用すると、ビューゲル装着車は3%勾配も登れなくなってしまった。
とりあえずは、カワイのビューゲルを改造したものに交換して
3%勾配は登坂可能になった。
ところで、この画像は6%勾配であるが、架線柱と比較すると
その急勾配ぶりが際立つ。

| | コメント (0)

2019.06.07

路面電車の新レイアウト(3)

UPはしないものの、実は地味に路面電車の工作は進行中。

Romen1_20190607

先に作成した”ネジ止め式”の架線柱台座に続いて、「上から
差し込むだけ」のゴム式?台座を作成した。
差込部は皮製品用のハトメ(#200)、架線柱側に使うゴムは
網戸用のゴム(3.5φ)を使うことで「廉価で容易に入手可能な
素材」で実用化している。
架線柱側はネジ止め式のものにゴムを入れるだけで共用可能で
用途により使い分けが可能だ。
(注:いちいち架線柱を作るのは効率が悪いし、予備部品の
 ストックが大変)

Romen2_20190607

差込式で抜けてしまわないのか?
架線試験車(3種集電装置搭載)をすべて上げてテスト中。
3日経過したがビクともしない。
大きな問題がないことは確認出来たので、次は実用性確認のために
試験用のレイアウトが必要である。
(ああ、凄い手間)

Romen3_20190607

以前から必要を感じていた「勾配テスト用レイアウト」を架線
テスト用に新規作成した。
時計回りで6%、逆は3%である。
勾配はクッキーカッター式(先の砂利採り線と同じ)とし、
防音効果用のゴム板も敷設。
レールは先に「抜けてしまった」ものの再検証として、PECOの
#83フレキをテストとして使用している。

Romen4_20190607

6%勾配でテストを行うウォーム式(1:14)の吊掛モータに
よるテスト風景。
単車なので1モータでいいか?の検証なのだが、まったく登坂し
ない(当たり前?)
2個にしたら普通に走行可能になった。
それにしても、この画像を見ると「6%勾配は壁」だと思う
のは私だけだろうか?(笑)

Romen5_20190607

ウォーム式の研究をするのは、画像下の「ロンビック式台車」
で使用する吊掛モータの実用化が目的である。
こうしてみると、「現状のサイズではロンビック式台車の
中に動力が収まらない」ように見える。
(まだまだ研究が必要)
Romen6_20190607
在来型(外台枠が床板ネジ止め)の単車については、
急カーブ/勾配のレイアウトでは、集電不良が発生すること
が判っている。
この点では、だるまやのブリル用動力装置(23.5mm)は
リジット式なのに微妙に車輪が追従するようになっていて
走行性能は素晴らしい(音はちょっと気になるが)
だるまやの動力装置がもはや入手出来なくなったことで
自身で開発せざるおえなくなったことは、大変悲しいこと
である。
地上設備も動力装置も「実用化」は手間である。
ああ、ロコ工作がしたい!
(トーマのシェイIIがなぁ(あとちょっとで完成出来るのに))

| | コメント (0)

2019.05.25

路面電車の新レイアウト(2)

KKC作品展である方から「最近、ブログの更新がないから何を
作っているか??ですね」と言われてしまった(反省)
サボっているというより、あれこれ試していて時間がかかって
しまったが、一応エンドレスが出来たのでブログ更新。

Romen1_20190525

R140の非同心円カーブ、架線柱の新しい固定方法などを盛り込んで
ようやくエンドレスが完成した。
直線部分については、中間で架線接続(片持クロススパン式)
いずれはポイントに交換する側は310mm1本線にしてある。

Romen2_20190525

新架線柱の要求事項。
・傾きを台座で補正可能
・台枠を低くするため、差し込み部を短くする
・ハンガー/クロススパンとも可能な限り共通パーツにする
検討の結果、台座は3mmカプラー台を2φの穴にしたうえで
真鍮板に固定し、台枠下でネジ止めする方式となった。
傾きや高さ補正は、この台座の下にスペーサーを入れて行う。
架線柱は3.0φパイプ(内径2.0φ)。
取付部は2.0φネジ棒をカットしてハンダ付け。
寸法は画像の通り。

Romen3_20190525

クロススパンの架線柱は、当初はメッセンジャーを柱に
ハンダ付けして使用していたが、長さ100mm以上の線が
付いた状態で反対側柱の1.0φの穴に差し込むのが
やりにくいうえに、架線固定部を調整するためにいちいち
柱ごと外すのが不便このうえなかった。
あれこれ試作した結果「架線柱上部が抜ける構造」が
良いことが判った。
試行錯誤の結果、2.0φパイプを先端に固定/タップ、
1.4φネジを植えることで脱着可能となった。

Romen4_20190525

実際に設置したところ。
作業が格段に簡便になったうえに、設置後も簡単に
メッセンジャー部を脱着して架線を調整出来るようになった。 

Romen5_20190525

実際の設置状況。
クロススパンが可能になったことで、急カーブ(R140)の
複線が可能になった。
各種集電装置の車両で走行テストを行い、不具合を探す。

Romen6_20190525

ある意味で”最大の課題”だったのが非同心円のカーブに
おける架線の張り方。
現物でもそうなのだが、カーブの変化(というか、実物は
”常に直線”)をメッセンジャーを張って架線を引っ張ること
で行う。
しかし、模型でそれを行うと「着脱式」が実現出来ない。
模型の場合は「手を突っ込んで作業する」ことがあるので
脱着可能にしないとレイアウトの維持が出来ない。
(レールクリーニングや架線清掃も不可能)
試行錯誤の結果、架線取り付け部10mmくらいに微妙に
曲がりクセを付けることで、微妙なカーブを付けることが
可能であることが判った。
この画像のように中間に直線が入るようなものでも、
その応用で架線設置が可能になった。

Romen7_20190525

この架線の方式で、架線柱間隔はどこまで広げられるか?
実物とは異なり、線路上に手を差し込んで車両を持つことが
あるので、250mmは架線柱間を開けたい。
直線部(310mm)で確認を行うと、パンタグラフでは
架線を押し上げ過ぎてしまい、シューが外れることが判った。
 
走行テストをすると、車両側の問題も判ってきた。
しばらくは試行錯誤が続きそうだ。

Romen8_20190525

ところで、シノハラ模型のレール供給が止まることで、
#60のジョイントがいよいよ入手難になった。
架線柱固定用のジョイントについては、今後はPECOに
切り替えるための試作を実施中。
とりあえずは固定出来るようにはなったので、こちらも
試作を行って実用化を行う。

| | コメント (0)

2019.05.06

路面電車の新レイアウト(1)

1/24にゴム道床を使った新しい路面電車のレイアウトの
試作をして・・・気が付くと3ケ月以上放置。
銀塩カメラのHP更新もひと段落したので、そろそろ本格的に
レイアウト工作再開か?と確認して驚いた。 
Romen1401_20190506  
なんと!線路の反発力?で枕木の犬クギを引きちぎって直線に
戻ろうとしているではないか!
外側のカーブは途中に10cmの直線があるので、そこが反発力で
丸くなってしまうことで特に破損が激しかった。
しばし考えて思ったことは「フレキを曲げて使うやり方ではダメ」
ということである。
しかも、もはや新規購入できないシノハラのレールを使うことには
リスクがある。
 
Romen1402_20190506  
実は前から「急カーブで使い易いレールはKATOでは?」と
思っていたのである。
自分でスパイクをすることが前提ではないので、線路断面の下部が
小さいので全体に細身で、急カーブでスムーズに曲がる。
さっそく、直線(246mm)のレールを引き抜いて試作。
試してみると、犬釘部がしっかりしていて、何度も抜き差ししても
頭が壊れない(レールが#83と細いにもかかわらず)
ポイントについても、容易に入手出来るR490のポイントを使用
することにした。
Romen1403_20190506
線路の長さが246mmなので、カーブはR177=>R140に変更した。
(長さが足りない)
レールは冶具(ゲージ)を作成して正確に曲げを行い、道床は
ボール紙を切り出し、そこにカットした道床を4ケ所貼る。
上を走るのは軽量な路面電車なので、強度的にはこれで問題なし。
道床側がボール紙になったので、ゴム板貼付/カットもこれを
元に行えるので、ゴム面積を小さく出来る=ゴム臭を最小に
することが可能になった。
Romen1404_20190506
一番悩んだのが「レールの固定方法」である。
単純に差し込んだだけでは、レールを抜き差ししたときにスポンと抜けて
しまうのである。
検討の結果、枕木間にジョイントを固定し、これをストッパーにして
抜けないようにした。
Romen1405_20190506
とりあえず1周作成して走行テストを行う。
カーブが綺麗に曲がっている(軌間も正確に出ている)ことと、
ゴム道床のおかげでスムーズかつ静かである。
Romen1406_20190506
カーブをR177=>R140ときつくしたので大型車両のクリアランスが
心配だったのであるが、結論はまったくの杞憂だった。
結局、この問題は「カーブの径ではなく複線間隔(50mm)」だった
ことが証明された。
何事もやってみないと正確なことは判らない。
Romen1407_20190506
線路問題はクリア出来たので、いよいよ複線のレイアウト制作開始
である。
台枠は、先日屋根裏から発掘してきた2段レイアウトの天板部分を
改修して、760x480のものを作成した。
それにしても、21世紀になって「レールが入手出来ない」ように
なるとは思わなかった。
”一生使わないかもしれないディテールパーツ”はいっぱいあるのに
基本となるレールが無いという状況は、鉄道模型という趣味を
する者に「なにが本当に大切なのか」を考えさせられる出来事では
ある。

| | コメント (0)

2019.01.24

路面電車のレイアウト(ゴム道床)

久々の鉄道模型ネタ。
(注:実際には色々やってます)

DCCサウンドを生かした路面電車のレイアウトを作るためには
静音化が出来ないと困るので、色々と試みてきた。
そのために、ゴム道床は必須と考えていた。

当然のことながら、やってみると大変なのである。

Romen2_20190124
 挫折する(ケガいてカットする)

当然のことながら、まずは普通にゴム板にケガキをしてカットする。
これが大変なのである。
 ・丸めて売っているゴム板はクセがついてシワがある
 ・ケガキをしたりカットしようとすると延び縮みして正確に切れない
 ・押さえているとゴム臭い(ち~ん)
何枚もカットすれば習熟して・・・ダメだった(ご~ん)
打ちのめされてしばし凹む。

Romen3_20190124_3
 友人のアイデアが突破口になる

ゴム臭い手でSNSでボヤいていると、友人から「型紙を貼ってそれに
沿ってカットすれば?」という話が出た。
とりあえず寝て、翌日に「それはいいかも」と気が付いてさっそく
工作を開始。
まずは作業を容易にするため、テンプレートを作成する。

Romen4_20190124
 型紙をゴム板に貼る(突破口は両面テープ)

白ボール紙をカットした型紙をゴム板に貼る。
友人のアイデアを実行に移す課題は”接着”であった。
これまでにもゴム板を道床に使っているのだが、カットと
並んで課題は接着であった。
色々な接着剤を試したのだがどうしても剥がれてしまう。
一晩就寝して思い出したのは”大判デジカメをやろうとした
ときにあれこれ分解したとき”のことである。
ゴム系のものを固定してあった方式に”両面テープ”が
多かったことである。
試してみると、今までの苦労を笑い飛ばすようにあっさり解決。

Romen1_20190124
 とりあえずエンドレスにして静音効果を確認

ここまで来れば後は簡単なので、とりあえずはt2.5のベニア板に
エンドレスを敷設してみた。
枠無しのベニア板なので、走行振動が伝われば騒音が出やすい
はずである。
結果は良好であった。
(”静か”ではなく、騒音状況を数値化して確認したい・・・)

Romen5_20190124_3
 大型車両の通過も確認

ここからカーブ部を分割し、ポイントを含む直線区間を追加して
本格的なレイアウトに・・・

ここで気が付いた。
シノハラ(#83)のフレキシブルレールもポイントも市場から払底しており、
手持ちのフレキすらあと5本・・・(絶句)
30年近く、路面電車のレイアウト作りを検討してきて、ここで
”レール供給の危機”である。
さてはて、どうしたものか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.15

いでゆ工房 モ250と銀河モデル 都電6000

久々の更新は鉄道模型ネタである。

このところ本人の体調不良が続いているのだが、愛犬のチョコ君が
もっと不調なのでかなり気持ちが沈んでいる。
それに加えて猛暑なのだから困る。

Sun1_20180715
 アルモデルの路面用動力+YAMA模型の台車枠

3%勾配/R140のレイアウトを走らせるために、アルモデルの
動力装置を使った車両を整備する。
まずはYAMA模型の台車枠を接着する。
それにしても、アルモデルの動力装置はなぜに車輪が8.5φなの
だろうか?
ダルマヤ時代は9.5φが多かったので、ちょっと困っている。

Sun2_20180715
 長年使えずにいたいでゆ工房のモ205の下回り交換

かなり前に購入したものの、カーブ通過が厳しいので仕舞ったまま
になっていたいでゆ工房の阪堺モ205の下回りを交換する。
なにせR140を通過させるので、床板の切り欠きも苦労したが、台車枠
が戸袋部に当たるので苦労した。
パンタグラフは来るべき架線集電のため、パンタ台を作成のうえ
アルモデルのものを装着した。

Sun3_20180715
 新動力用に増備の銀河モデルの都電6000

ボーナスが出たので、いつの間にか増えた銀河モデルの都電6000.
17mmの動力装置、床板新製、ビューゲルは交換。

猛暑のため進捗が悪い。
困ったものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.06.15

路面電車のトラバーサ(4)

トラバーサの改良は続く。

Thu3_20170615
 転車台を平行に動かすためのスライド部を作る

3.0φの真鍮棒を2本平行に置いたスライド部を作成した。
これにより転車台が平行に進むようにするためである。

Thu4_20170615
 動力部との連結部分、結構凝っている

動力部とは左右の動きだけが伝わる構造にした。
このようにすれば、転車部のと台枠との構造を独立で調整が可能になる
からである。

Thu5_20170615
 動作確認をする

動作確認をすると、完璧とはいいがたいが一応合格?という
感じである。
あとは転車台側の方で指定位置でピタっと止まるしくみを考えるのが
良さそうである。

ということで、次は「ややディテール色のある工作」が出来そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.12

路面電車のトラバーサ(3)

最近、すっかり銀塩カメラに気持ちが持って行かれ・・

このままでは人間がダメになる!(いや、もうなってる!)
ということで、トラバーサの工作を進める。

Mon6_20170612
 動作はするので、実際に動かしてみる

動力部は出来たので「あとは実用性の確認」である。
なんだかんだ言っても、実際に動作させないと判らない。

とりあえず、以前路面電車のポイントのテスト用に作った?小さい台枠に
動力部を取り付けて、コントロール部を端っこに付けてみた。

Thu6_20170615
 コントロール部は行きたい番線にピンを刺す

コントロール部は以下のような構成になっている。
 ・中立のあるスイッチで左右どちら動かす方向を指定する
 ・行きたい番線にピンを刺して止める位置を決める
 ・行きたい位置で止まったらスイッチを中立にする

個人的な感想ではあるが、こういう単純な方法が直感的に判りやすい。

Mon5_20170612
 一応動作はするのだが・・

なにせ「あまり考えずに作った可動部」なので、台枠に付けてみると
上側に取り付ける構造になっていないので、そういう「気配りの無さ」に
苦労した(遠い目)

動かしてみると、片方には平行に動くのに、戻りの方向では斜めになる
ことが判った。
なぜなんだろうか?

Tue5_20170613
 動作部分のアップ 

この動力装置、片方は3.0φの真鍮棒、もう片方がネジ棒である。
当初は「ネジ棒とナットを使っているのでネジの傾きの影響」と
予想していた。
しかし、裏返して動作させてみると、それ以前に微妙なガタがあり、
上にある転車台が引っ張られる方向によって斜行することが判った。
取り付け部のガタは大したことはないのだが、長さ20cmの台なので
先端部までを見るとそれなりにズレてしまう。

Tue6_20170613
 長尾軌道のトラバーサの動力部を思い出すと

困ったときは「既に稼働しているもの」を見るのが一番である。
長尾軌道のトラバーサは、元々は中央にガタが出ないように
両側から挟まれたスライド部(ここにナットが付いている)になって
おり、これだけでもそれなりにガタが出ないようになっていた。
これに両端にスイッチがついたため、正確な位置で止めるため
5cmの距離に平行で真鍮棒を取り付けた。
これらの改良には、何年もかかっているのである(遠い目)
さらに静音化するため、モータを交換・・などなど、継続的な
努力をしているのである(さらに遠い目)

メゲずに続けないと・・・
とりあえずは、転車台側に独立のスライド部を付けるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧